« 『ハウルの動く城』(3/100 '05) | トップページ | 『コールドマウンテン』(5/100 '05) »

2005/01/15

バイ・ジュン さらば愛しき人(1998年/韓国)(4/100 '05)

観賞後の第一印象は『トレイン・スポッティング』に似ているなー、でした。

カリスマと崇めていた友人を亡くした男と女が、
友人の死から一 年半たっても呪縛から抜け出せずにいて、
目的を見つけられない焦燥と生の重さを持て余して、
酒やドラッグに逃れていく姿を描いています。
これが映画デ ビューとなるユジテとキムハヌルが主役を演じています。
監督さんも若いらしく、実験的で挑戦的な映像が目を引きます。

が、残念ながら、 『トレイン・スポッティング』ほどのストーリー性とメッセージが希薄。
『トレイン・スポッティング』では観賞後、
落ちるとこまで落ちたらあとは上がるだけ よ、という
どこか清々しい顔をした主人公の姿に救いがあるのですが、
本作は主役のふたりは胸をはって歩いていくのか行かないのか、
またドラッグ生活にも どっちゃうのかもどっちゃわないのか、
いまいちわからない。長い長いミュージックビデオを見たような印象でした。
ただし、ユジテとキムハヌルの演技は、そ の後のふたりの活躍を予感させるものがあり、初主演とは思えない潔さがあります。
これを見ただけでよしとするかな、というかんじ。

考えて みると、『アタック・ザ・ガスステーション』『春の日は過ぎゆく』
『オールド・ボーイ』と、ユジテの作品はけっこう見ているのであった。
あたしの中ではい い男ではないのだけど、確かにいい役者ではあるなー。
作品ごとにまったく違う役を演じて、それにぴたっとはまる、
否、自分をはめ込んでしまえる役者さんで すね。
次の作品はクォンサンウとの競演とのことで、楽しみに待ちましょう。

バイ・ジュン ~さらば愛しき人~ バイ・ジュン ~さらば愛しき人~

販売元:ブロードウェイ
発売日:2005/01/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 『ハウルの動く城』(3/100 '05) | トップページ | 『コールドマウンテン』(5/100 '05) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/56534/6565386

この記事へのトラックバック一覧です: バイ・ジュン さらば愛しき人(1998年/韓国)(4/100 '05):

« 『ハウルの動く城』(3/100 '05) | トップページ | 『コールドマウンテン』(5/100 '05) »