« 『ザ・インタープリター』(40/100) | トップページ | 『ラブ・アクチュアリー』(42/100 '05) »

2005/06/11

『シェフと素顔と、おいしい時間』(41/100 '05)

かるーーーいラブコメ。
それにしちゃー主演ふたりがちょっと年食ってるかな。。

ジャン・レノとジュリエット・ビノシュ。
揃ってることは揃ってるんだけど、なんというかこう、もうひとつピンとこなかった。ジャン・レノが短髪じゃないのがはじめてで、それが気になって気になって。彼はやっぱり利己的な鈍感男をやってるより、切れ者の刑事とか殺し屋とか、そんなののほうが似合ってる。

ジュリエット・ビノシュもがんばっておつむの少々弱い自己チュー女を演じてるんだけど、やっぱり『ショコラ』みたいなつやっぽいイイ女役のほうがいいな。

会話がすごく多いので、たぶん原語がわかるともっとウィットに富んだ映画というふうに受け取れるんじゃなかろうかという予感はあるんだが、いかんせん、フランス語まではカバーしきれませんて。

シェフと素顔と、おいしい時間 DVD シェフと素顔と、おいしい時間

販売元:松竹
発売日:2004/02/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 『ザ・インタープリター』(40/100) | トップページ | 『ラブ・アクチュアリー』(42/100 '05) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/56534/2066127

この記事へのトラックバック一覧です: 『シェフと素顔と、おいしい時間』(41/100 '05):

« 『ザ・インタープリター』(40/100) | トップページ | 『ラブ・アクチュアリー』(42/100 '05) »