« 『オーバー・ザ・レインボー』(56/100 '05) | トップページ | 『インタビュー』(59/100 '05) »

2005/07/26

『バッド・エデュケーション』(57/100 '05)

今年57本めの映画は、ペトロ・アルモドバル監督『バッド・エデュケーション』。

アルモドバル監督のここ最近の作品はずっと見てるのですが、
今回はこれまでの作品とは趣のちょっと違う映画。
もともと作品の下知識を極力排して見に行くようにしてるのですが、
これは予告から得る情報だけでは計り知れない内容でした。

キャストも豪華。
さすがにそろそろ名前を覚えてきたガエル・ガルシア・ベルナルが、
今回そうとうよかった。彼の作品はこれまで『アマロ神父の罪』『モーター・サイクル・ダイアリーズ』と2作を見たけれど、これがいちばんいい。
これだけの姿を一本の映画でよく演じたなぁと思って。

アルモドバル自身ともいえる若き映画監督にフェレ・マルチネス。
彼も、迫真の演技。とくに葛藤を抱いてからの彼は。
『トーク・トゥー・ハー』で眠れる主人公を演じたレオノール・ワトリングもちらっと出てました。

本来ならネタバレしちゃうとこですが、
これはやっぱり知らないまま見たほうが絶対いい映画なので、
何も言わないことにしておきます。
でも最後にひとこと。

「アルモドバル、天才っっ!!!」

バッド・エデュケーション バッド・エデュケーション

販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2005/11/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 『オーバー・ザ・レインボー』(56/100 '05) | トップページ | 『インタビュー』(59/100 '05) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/56534/6642098

この記事へのトラックバック一覧です: 『バッド・エデュケーション』(57/100 '05):

« 『オーバー・ザ・レインボー』(56/100 '05) | トップページ | 『インタビュー』(59/100 '05) »