« 『フレンチなしあわせのみつけ方』(66/100 '05) | トップページ | 『バタフライ・エフェクト』(67/100 '05) »

2005/09/05

『復讐者に憐れみを』(65/100 '05)

   
2005年65本めは『復讐者に憐れみを』。
『オールドボーイ』のパクチャヌク監督の復讐三部作、第一作め。
彼の4作め、2002年の作品。(撮影は2001年)
「救いがない」「残酷だ」といった評を前もって耳にしていたので、
それなりの心の準備をして視聴。
以下、少々ネタバレ。



「すごい映画を見ちゃったな」 というのが、見終わってすぐの感想。

腎臓病の姉を抱えてぎりぎりの生活をしている聴覚障害者のリュ。
臓器密売組織から姉に適合する腎臓を斡旋してもらうべく、
退職金と自分の腎臓をひとつ提供する。
けれど彼は騙され、金も腎臓も奪われてしまう。
その後、適合する腎臓の提供が得られると医者から告げられるが、
彼にはもう手術費用がない。

リュをそそのかし、誘拐を企てるヨンミ。
リュをクビにした工場の経営者・トンジンの娘を誘拐し、
金を受け取ったら無事に娘を返すことに。
しかし、弟が自分のために誘拐をしたと知った姉は自殺。
そのうえ、ちょっと目を離したすきに娘も溺れ死んでしまう。

金を奪われ、娘を奪われたトンジンは復讐を決意。
リュもまた、臓器密売組織に復讐しようと準備を始める。


不幸の連鎖反応。
よかれと思ってやったことが、不幸を導く。
それは自分の不幸のことも、他人の不幸のこともあるけれど。
そしてそのマイナスを清算しようと起こす別の行動が、新たな不幸を招く。
どこかで、だれかが、ツケを払わなければ、この連鎖反応は終わらない。
血で血を洗う復讐は、何を残したんだろう。

正直、まだ頭の中が整理できてなくて、
この映画をどう理解したかを自分でわかってないかんじ。
ただ、最初に覚悟してたような凄惨さは、そんなに感じなかった。
ヴァイオリンをメインにした音楽のせいなのか、
俯瞰映像や遠景ショットを多用して、実際に血の流れるシーンを
遠くから眺めるように撮影してたせいなのか、それともたんに、
韓国映画のリアルな映像に慣れてしまっただけなのかわかりませんが、
ともかく、目をそらしたくなるような、耳を塞ぎたくなるような、
そんなシーンは予想よりも少なかった。

むしろ、血が流れて痛そうとか、殴られて痛そうとか、そういう痛みよりも、
心のなかのだいじな部分を無神経になでられたような痛さがあります。
これまで信じて疑わなかった「常識」に、疑問を突きつけられたような、
そんな鈍い痛さ。

ソンガンホの演技は言うまでもなく。

シンハギュンは目としぐさだけの演技で、
リュの感情を過不足なく演じていました。
リュの感情が伝わらないのは問題外だけど、大げさすぎても興ざめする。
けれどハギュンの演技は、まさに「過不足なく」。すごいことです。
常軌を逸しちゃった、どこかキレてる人物を演じさせたらすごいシンハギュンですが、そのスタート地点を見たような気がします。

ペドゥナも、世の中に背を向けて、思い込んだことに忠実に生きる強さ
(ある意味では弱さと紙一重の強さだけど)を持ったヨンミを、
ことさら大げさにするのでなく演じてました。
彼女にとってはかなり精神的に負担の多い役だったのじゃないかと思うけれど、
その意味でもすごいな、と。

しばらくしたら、もういちど見直してみたい映画です。

余談ですが、「デラックス版」の DVD には特典映像などが豊富です。
撮影当時、シンハギュンとペドゥナが交際宣言をしたことも話題になった映画ですが、メイキングの映像などを見ていると、ほんとに微笑ましいです。
周囲もそれを承知していて、自然にそれを受け入れているかんじで。
(その後、2年ほどして別離宣言をしました)


復讐者に憐れみを デラックス版 復讐者に憐れみを デラックス版

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2005/07/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 『フレンチなしあわせのみつけ方』(66/100 '05) | トップページ | 『バタフライ・エフェクト』(67/100 '05) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/56534/6641948

この記事へのトラックバック一覧です: 『復讐者に憐れみを』(65/100 '05):

« 『フレンチなしあわせのみつけ方』(66/100 '05) | トップページ | 『バタフライ・エフェクト』(67/100 '05) »