« 『コーヒー&シガレッツ』(85/100 '05) | トップページ | 『レイクサイド マーダーケース』(87/100 '05) »

2005/10/20

『ミリオン・ダラー・ベイビー』(86/100 '05)

アカデミー賞4冠の本作。
ロードショー中にはついつい身損ねて、ようやくの鑑賞でした。
できるだけ評や何かは読まないようにして、
基礎情報のあまりない状態で見ました。
以下、ネタバレ。


貧しい暮らしから抜け出せず必死に生きているマギーは、
ボクシングだけに夢を託している。
彼女は名トレーナーであるフランキー・ダンにすべてをかけようと、
彼のジムに押し掛ける。
「女は教えない」と突っぱねていたフランキーだが、
マギーのガッツに折れ、トレーナーを引き受ける。

フランキーの指導を受けてマギーはぐんぐん力をつけ、
次々に KO 勝利を重ねていった。
とうとう対戦相手がいなくなると、1階級あげ、そこでも快進撃を続けた。
そして世界チャンピョンをかけた試合に挑むことになった。
相手はドイツ出身の「青いクマ」の異名をとる女で、汚い試合運びで有名。
有利に試合を進めていたマギーだが。。。


見終わって、やるせない気持ちになりました。
満足のできる生き方ってなんだろう、家族ってなんだろう、
宗教ってなんだろう、と。どんなに努力を重ねても、
生まれ持った運命を変えることはできないのでしょうか。
不幸な星の下に産まれた人は、一生不幸なまま生きていけと?
心の底から、ほんとうに求めたとき、だれが何を与えてくれるのだろう。
すべてを享受して生きることが、人にはできるのかな。

感動して涙が出るとか、いろんな人に勧めたいとか、そんな映画じゃありません。
でも、見ておかなければいけない映画だな、と、そう感じました。
ミリオンダラー・ベイビー DVD ミリオンダラー・ベイビー

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2005/10/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 『コーヒー&シガレッツ』(85/100 '05) | トップページ | 『レイクサイド マーダーケース』(87/100 '05) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/56534/2105782

この記事へのトラックバック一覧です: 『ミリオン・ダラー・ベイビー』(86/100 '05):

« 『コーヒー&シガレッツ』(85/100 '05) | トップページ | 『レイクサイド マーダーケース』(87/100 '05) »