« 『親切なクムジャさん』(91/100 '05) | トップページ | 『トンケの蒼い空』(93/100 '05) »

2005/11/13

『新装開店』(92/100 '05)

『オルガミ』のキムソンホン監督の、1999年の作品。
主演に『ホテリアー』のキムスンウ。彼は中華料理店・中華楼のワン社長。
その妻に『悲しき恋歌』のキムヒソンのおばさんを演じていた、チンヒギョン。
料理長に『花嫁はギャングスター』のダンナ様役、パクサンミョン。
出前専門の従業員に名バイプレイヤーのイボムス。
ほかにも、数え上げたらきりがないほどの知った顔、顔、顔、、、
以下、ネタバレ。


小さな町の小さな中華料理店、中華楼。
この町には何もかもが一軒しかない。
美容院も、薬屋も、スーパーも、そして中華料理屋も。
ある日、中華楼の真正面に、新しい中華料理屋が開店する。
最初はだれもその店に足を運ばなかった。
それもそのはず、この店は倉庫のような店構え、
出前もせず、メニューはジャージャー麺と肉餃子のみ。

ところが、ジャージャー麺が死ぬほどおいしいという噂が流れ、
店はまたたくまに大繁盛。中華楼は閑古鳥が鳴くことに。

なんとか味の秘密を探ろうと、中華楼のワン社長は店に出向くが、
頼んだジャージャー麺の中から人の指が。。。
「あの店は人肉を使ってるらしい」との噂で一度は客足が遠のくものの、
ライバル店の社長の言ったことなど、営業妨害の一言で片づけられ、また客が戻ってくる。

にっちもさっちも行かなくなったワン社長は、
ならばと、自分の店でも人肉を使おうと決心するのだが。。。


ふれこみは、「ブラックコメディ」だとか、
「恐ろしくておもしろい」とか、そんなかんじでした。
が。。。 これは笑えないでしょう、ふつう。
ブラックコメディって言うんでしょうかね、こういうのは。
ただの悪趣味ではないか?

なぜ、この映画を撮ろうと思ったの、
なぜ、この映画に出ようと思ったの、
なぜ、この映画を DVD にして日本で発売しようと思ったの、
と、関係各位に聞いてみたいです。

なぜ、この映画をレンタルして見ようと思ったの? って、逆に聞かれますかね。

DVD 新装開店

販売元:ビデオメーカー
発売日:2005/11/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 『親切なクムジャさん』(91/100 '05) | トップページ | 『トンケの蒼い空』(93/100 '05) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/56534/2065877

この記事へのトラックバック一覧です: 『新装開店』(92/100 '05):

« 『親切なクムジャさん』(91/100 '05) | トップページ | 『トンケの蒼い空』(93/100 '05) »