« 『秘蜜』(105/100 '05) | トップページ | 『美術館隣の動物園』(1/100 '06) »

2005/12/31

『僕の彼女を知らないとスパイ』(106/100 '05)

今年最後の映画は、『1%の奇跡』主演のキムジョンファ初出演映画、
『僕の彼女を知らないとスパイ』。2003年の作品で、共演はコンユ。
彼も、2作目にして初主演の映画です。そもそもキムジョンファはかなりすきで、この映画もまさか日本で見られるとは思っていず、韓国の VCD を入手済みだったのですが、見る前に DVD が発売されちゃいました。
喜んでいいやら、悲しんでいいやら。。。
以下、ネタバレ。


北朝鮮からのスパイ・リムゲスンは特命をおびて韓国に潜入、
キムという男を捜していた。韓国に住む同志の家に居候し、
その家の娘パクヒョジンとして、バーガーキングでアルバイトを始めたところ、
「オルチャン」として人気が出て、あろうことかネットの「彼女を知らないとスパイ」というサイトで「エンジェル」となってしまう。

彼女の写真を勝手に撮影してサイトに掲載した男、パクゴボン。
彼は本来は優秀ながら不運が重なって現在三浪生。
その彼が、予備校近くのバーガーキングの店員ヒョジンに恋をする。
なんとか彼女にアタックを!と思うのだが、無情にも召集令状が。。。
残された日数はあと10日。彼はヒョジンをモノにできるのか。


軽いラブコメですが、けっこうツボを抑えていた、高感度の高い映画でした。
ちょっと贔屓目に見ているという感は否めませんが、それでもなかなかだと思います。
設定はちょっと『SPYリー・チョルジン 北朝鮮から来た男』に似てなくもないですが、こちらのほうは最後が悲劇ではないぶん、後味がよかったです。
とはいっても、決してハッピー・エンドではないのですけど。。。

やっぱり、キムジョンファはかなり好みのタイプの女優さんでした。
気の強そうな感じとか、女の子に好かれなさそうな感じとか、
ひとりで生きられそうとか、そういうイメージの女性はとても好き。
漢字一字で表すと「凛」。キムジョンファは、そんな感じでした。

コンユも、いままでほとんど意識したことがなかった俳優さんでしたけど、
ちょっと頼りなさそうなお人よし、裏を返せばとても優しい男性を好演してました。
なかなかどうして、捨てたもんじゃないですよ。


僕の彼女を知らないとスパイ DVD 僕の彼女を知らないとスパイ

販売元:ビデオメーカー
発売日:2005/12/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 『秘蜜』(105/100 '05) | トップページ | 『美術館隣の動物園』(1/100 '06) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/56534/3729763

この記事へのトラックバック一覧です: 『僕の彼女を知らないとスパイ』(106/100 '05):

« 『秘蜜』(105/100 '05) | トップページ | 『美術館隣の動物園』(1/100 '06) »