« 『マイ・リトル・ブライド』(13/100 '06) | トップページ | 『小さな恋のステップ』(15/100 '06) »

2006/02/12

『B 型の彼氏』(14/100 '06)

オリンピックが始まりましたねー。つまり寝不足の始まりってことですが、、、
いまスキージャンプのノーマルヒルの予選をやってますが、
上位につけてた原田がスキーが長すぎて失格になってしまいました。。。残念。

それはさておき、渋谷のシネクイントに『B 型の彼氏』を見に行ってきました。
この映画、多くの劇場で吹き替え版を上映してますが、なぜなんでしょう。
シネクイントも、最初の1回だけが字幕版で、それ以外は吹き替えです。
あたしは断然字幕派なので、せっせと早起きして行ってきましたが。。。
劇場で待ち合わせてた友人が上映30分前に着いたときには中央ブロックは前3列くらいしか空いてなかったというから、みんな字幕版が見たいってことじゃないかと思うのですけど。

さて内容ですが、まーー言ってみればアイドル映画です。
だから内容がどうのこうのとか言う意味はあまりないと思うので、割愛。

主役ふたり以外のキャストがけっこうきいてて、あたし的ツボでした。
ハンジヘの従姉妹役で、『バリでの出来事』のシニが出てたのですが、
もうツボもツボ。
外では取り澄ましたキャリアウーマンを気取ってるけど、
ずるけるとキョンサドンなまりが出てしまう。
彼女も A 型という設定で、B 型男を思いっきり毛嫌いしてるのね。
なのに、見目麗しく財閥二世だという B 型男を紹介されたら
コロっと恋に落ちちゃう。
で、このシニが恋する B 型男というのが、
『屋根部屋のネコ』の室長イヒョヌなのです。

というかんじで、全般的には楽しかったですね。
ただ、理解しにくいことが多くて。。。

何が理解しにくいって、「それのどこがいけないの?」とか、「え? なんでそれで怒るの?」とか、、、つまり、あたしは B 型なわけで。
ツレも B 型だったのですけど、ふたりで A 型の彼女の理屈が理解できないのでした。

「忠告って、、、『車売れ』ってそれ忠告? 余計なお世話じゃん」とか、
「数えるのいやなら、そんなの置いてさっさと帰っちゃえばいいじゃん」とか、
「飲まないだろーー断りもしないで、ふつう人の家のワインをさー」とか。

しかし逆を言うと、「これって人からは嫌がられてるんだ。。。」と思い知ったかも。。。B 型、少々反省の朝一でございました。

そういえば、最後近く、イドンゴンが取材を受けているシーンで、
彼のいちばん近くにいた女性記者は「セクション TV」のレポーターでしたね。
名前なんだっけかな。次回、気をつけて見ておこう。


 

B型の彼氏 コレクターズ・エディション (初回限定生産) DVD B型の彼氏 コレクターズ・エディション (初回限定生産)

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2006/06/09
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 『マイ・リトル・ブライド』(13/100 '06) | トップページ | 『小さな恋のステップ』(15/100 '06) »

コメント

音樹さん、こんばんは。早速お邪魔致します。

TBとコメントありがとうございました。
私も見ようと思って調べたら吹替えばかりで驚いた
んですが、最近はだいぶ字幕版での上映も増えたよう
ですね。ちなみに私が見に行ったところは日本語/英語
同時字幕版だったんですよ。
日本語字幕、右側に出ていて、字幕は下じゃないと見に
くいんだよな~って思ったのですが、考えてみたら英語
字幕は縦には出せないですもんね。。

新しいブログもいい感じですね♪

投稿: pua | 2006/02/27 21:14

pua さん、
英語字幕は縦じゃ出せない。。。
考えてもみなかったので、すごーーーく納得しちゃいました。
なんで吹き替え版にしたかったのか、意図がわかりませんよね。
ドンゴンしぃのファンだって、彼の声が聞きたいと思うんですけど。

新しいおうちをお褒めいただいて、ありがとうございます。
じつは緑がすきなので(言わなくてもわかる?:笑)
こちらも緑に染めてみました。
タイトル周りの写真が簡単に変えられるので、
このあたりでバリエーションが出せそうかもと、写真を探してます♪

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: 音樹 | 2006/02/28 00:07

こんばんは。
DVDが出たので見てみました・・・当然字幕で。

イ・ヒョヌってハンサムなんでしょうか?
私の感覚では理解できませんでした(苦笑)。
実際、私もミヒの行動の方がドツボでしたし。

それにしてもわざわざ吹き替えで公開する理由が
凡人には理解できませんでした。
でもイ・ドンゴンのファンのための映画だから
ファンがそれでいいと言うならいいんです・・・多分。

投稿: sannkeneko | 2006/06/30 21:38

sannkeneko さん、こんにちは。
コメント&TB、ありがとうございます。

あれだけ字幕版が猛威を振るってましたからね、
だれかしらの思惑が働いているのでは?
と、ついつい疑っちゃいますよね。

ヒョヌさんと言えば、『ウェディング』でも
あいかわらず飄々としてますね、彼。

投稿: 音樹 | 2006/07/01 11:35

こんにちは。

トラックバック出来なかった件。
NetLaputaに確認しました。
もう大丈夫だと思います。
ご不快にさせて申し訳ありません。

『ウェディング』・・・まだ放送されていないんですよ。
苦手な人が出ているのできっと見ないと思いますが。
室長は飄々としているのがウリなんでしょうか(苦笑)。

投稿: sannkeneko | 2006/07/01 19:13

わざわざありがとうございます。
最近は不快な TB も多いですし、自警も必要ですよね。
実際、わたしもそれで引っ越しましたし。。。

北海道では『ウェディング』はまだなんですね。
まだ6話までしか見ていないのですが、
ヒョヌさんは、本心のわからない人です。
だれにも、見せたくないのか、見せられないのか。。。

投稿: 音樹 | 2006/07/01 23:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/56534/855722

この記事へのトラックバック一覧です: 『B 型の彼氏』(14/100 '06):

» 「B型の彼氏」 [easy going]
見てきました。 「パリの恋人」のイ・ドンゴン主演の ラブ・ストーリーです。 きまぐれで自信過剰なB型男ヨンビンと、 ちょっと気弱で運命の出会いを信じている A型女子大生のハミ。 ひょんなことからめぐりあったヨンビンに、 ハミは運命を感じます。 自分とは違う、予測不能なヨンビンの魅力に 惹かれていきながらも、また自分本位な行動 を取る彼に段々と不信を抱いていくハミ。。 B型のヨンビン。基本的に悪気はないっていう... [続きを読む]

受信: 2006/02/27 21:02

» 「B型の彼氏」(韓国 2005年) [三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常]
恋愛には奥手で運命の相手と出会う事を夢見る女子大生。 相手の気持ちは構わず奔放に我を通すIT起業家を気取る男。 彼女はA型、彼は女性が恋人にしたくない男性1位のB型。 「B型の彼氏」(韓国 2005年)... [続きを読む]

受信: 2006/06/30 21:08

« 『マイ・リトル・ブライド』(13/100 '06) | トップページ | 『小さな恋のステップ』(15/100 '06) »