« 『イルマーレ』(78/100 '06) | トップページ | SE7EN@情熱トークUSA »

2006/10/10

『ビッグ・スウィンドル!』(79/100 '06)

パクシニャンの『ビッグ・スウィンドル!』を見る。
集中して見てないと置いてかれると聞いてたので、
なんだか肩に力が入りっぱなしで2時間、疲れてしまいました。

疲れてしまいましたが、おもしろかった。詐欺師が5人集まって、
プラス女詐欺師が絡んできて、銀行強盗を企てるのだけど、
肝心の金がいったいどこにいったのか・・・というお話です。
ちょっと『オーシャンズ11』の設定を思い出しつつ、
後半は脚本の勝負というかんじでした。

こういう、脚本が凝った作品というのは、
得てして映像化に失敗しちゃったりするものですが、
本作は役者が揃っていて、その点はレベル高かったと思います。
いやほんとに、役者が豪華で豪華で。新人監督のデビュー作で、
なんでこれだけ集められたの? と思うくらいの豪華さです。

パクシニャンはもちろん、女詐欺師にヨムジョンアだし、
伝説の詐欺師が『ケンカの技術』『地球を守れ』のペクユンシク、
ほら吹きで麻薬中毒の詐欺師オルメが、『フライ、ダディ』で
イジュンギに鍛えられる予定のイムンシク、
結婚詐欺専門のツバメが、『奇跡の夏』のパクウォンサン、
彼らを追う刑事が『デイジー』でも刑事だったチョンホジン、
ちょっとしか出ない土地ころがしですら、
『トンマッコルへようこそ』のイムハリョンですからね、スゴイですよ。

ほんとはああでもないこうでもないと書きたいところなのですが、
ネタバレしないでそれを書くのは不可能に近く、
そしてこの映画は、ネタバレなしで見なければ何の意味もないので、
それはやめておくことにします。ご自分でお確かめくださいませ。

ま、この映画の見所は、一にも二にも詐欺師の騙しのテクニックで、
それを支えるのが、パクシニャンというところですかね。
個人的には、ペクユンシクとチョンホジンが、かなりよかったです。
『パリ恋』と同じ2004年の映画だというのに、
パクシニャンが思ったほどかっこよく見えなかったんだよなぁ。。。
『パリ恋』ではあれほどステキに見えたんだけど。なぜですかね。

ビッグ・スウィンドル! DVD ビッグ・スウィンドル!

販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2006/05/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 『イルマーレ』(78/100 '06) | トップページ | SE7EN@情熱トークUSA »

コメント

こんばんは。

確かにパク・シニャンをかっこよく見せるという作りではなかったですね、
ストーリー第一で。
その意味では『パリ恋』とかなり感じが違うかも。

ただ、私個人での今年の収穫はパク・シニャンです♪

投稿: sannkeneko | 2006/10/12 20:05

sannkeneko さん、こんにちは^^

パクシニャン、私の去年の収穫でした(笑
『パリ恋』何話だったでしょうか、
ピアノの弾き語りをするシーンで、
完全にノックアウトされちゃいました。
とか言いつつ、彼の秘書くんも、けっこう好きでした ^^

投稿: 音樹 | 2006/10/13 00:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/56534/3763981

この記事へのトラックバック一覧です: 『ビッグ・スウィンドル!』(79/100 '06):

» 「ビッグ・スウィンドル!」(韓国 2004年) [三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常]
韓国銀行横領詐欺。 でも騙し取ったはずの50億ウォンは消えた・・・。 「ビッグ・スウィンドル!」 [続きを読む]

受信: 2006/10/12 19:26

« 『イルマーレ』(78/100 '06) | トップページ | SE7EN@情熱トークUSA »