« 『ルイーズに訪れた恋は…』(93/100 '06) | トップページ | がびーーーん(ふるっ!) »

2006/12/30

『もしも昨日が選べたら』(94/100 '06)

2本立ての2本目。

クリックすれば、再生、早送り、チャプター選択、一時停止、
なんでもできちゃう魔法のリモコン。テレビ、ビデオはもちろん、
人間の人生だってほら、クリックひとつでこのとおり!
というリモコンを手に入れてしまったマイケルの早送り人生。

主役は『50回目のファースト・キス』で泣かせてくれたアダム・サンドラー。
その妻役に相変わらず美しいケイト・ベッキンセール。

そこそこにおもしろく、笑わせて、ほろりとさせて、あったかい気持ちにさせて。
この手の映画はへんに悲劇に終わらせないので、かなり安心感もって見れます。
ただまあ、大作ってわけでは決してないので、適当に満足、みたいな。

『ロード・オブ・ザ・リング』のサムことショーン・アスティンは、
サムじゃないときはどうしていつもこんな役なんだろうか・・・、と。
少しは役を選べるような立場にはないのか、彼は。

もしも昨日が選べたら DVD もしも昨日が選べたら

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2007/03/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 『ルイーズに訪れた恋は…』(93/100 '06) | トップページ | がびーーーん(ふるっ!) »

コメント

突然で申しわけありません。現在2006年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票に御参加いただくようよろしくお願いいたします。なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.mirai.ne.jp/~abc/movieawards/kontents/index.htmlです。

投稿: 日本インターネット映画大賞スタッフ | 2007/01/07 02:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/56534/4725561

この記事へのトラックバック一覧です: 『もしも昨日が選べたら』(94/100 '06):

« 『ルイーズに訪れた恋は…』(93/100 '06) | トップページ | がびーーーん(ふるっ!) »