« 『ウィンター・ソング』(15/100 '07) | トップページ | 『君はどの星から来たの』(第1話) »

2007/05/20

NAOTO @ SHIBUYA-AX(IE SOUND JAMBOREE IN AX)

夏に沖縄の伊江島で行われる IE SOUND JAMBOREE の、
今夜は前夜祭でした。場所は SHIBUYA-AX。
その前夜祭に、急遽 NAOTO さんの出演が決まり、
NAOTO さんファンの友人がチケを取ってくれたので、行ってきました。

SPECIAL GUEST ということだったので、てっきりどなたかの出番で、
ゲストで〜す、とかって出ていらっしゃるのだと思ってたのですが、
なんとピンでした。しかもトリ!
シワひとつない真っ白なシャツに黒のパンツで登場された NAOTO さん、
なんだか久しぶりに髪の立ってないお姿を生で拝見したような。。。

1曲目、いきなり Remember でした。
対バン形式のライブで1曲目にこれを持ってくるとは、ちょっと意外。
でも、いつもの通り、中央のお客さんを境にしてチーム分け。
あたしは「たいちくんチーム」で、低いパートを仰せつかりました。
お客さんもさすが、ライブ慣れしてらっしゃる方が多いようで、
最後、しっかり2回くり返してピタっと終わりました。

続いて dear では、途中、ステージ奥に一面の星空が登場。
暖かい低音と伸びやかな高音が、隣にいたツレの涙を誘う。。。

そしていちばん驚いたのが、3曲目。
いままでいろんな人のを聞いてきた、ヴァイオリニストはもちろん、
ギタリストが弾くのを聞いたりもした、チャルダッシュ。
NAOTO さんが弾くのを聞いたのは、思い返してみてもこれが初めて。
改めて、チャルダッシュっていろんな顔を見せるのだなーと感心。
NAOTO さんのは、ついぴょんぴょん飛び跳ねたくなるかんじ。

そしてスパモゲッティから、最後の Sanctuary へ。
このころにはもう、隣のツレは号泣でした。
星空をバックにした Sanctuary は、なんだか特別な空気です。
だれにも侵すことのできない、大切な場所が心の中に、
くるりと円を描いて生まれるような、そんな気になります。

これでおしまい。
さ、IE SOUND JAMBOREE 専属司会の庄司さんのシメを聞いて帰るかな。

と思って腰を浮かしかけても、拍手は鳴り止みませんでした。いつまでも。
すると、NAOTO さんがアンコールに応えてくださいました。
つい最近 CD が手に入れられるようになった、NACS さんの御芝居、
HONOR のサントラにも収録されている「恵織の誇り」。
ピアノとヴァイオリンだけ。

終わって外に出たら、思いのほか寒くて、思わず両腕で体を包み込む。
でも、心のなかは、ぽかぽか。

|

« 『ウィンター・ソング』(15/100 '07) | トップページ | 『君はどの星から来たの』(第1話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/56534/6494621

この記事へのトラックバック一覧です: NAOTO @ SHIBUYA-AX(IE SOUND JAMBOREE IN AX):

« 『ウィンター・ソング』(15/100 '07) | トップページ | 『君はどの星から来たの』(第1話) »