« 『1%の奇跡』(第25話・最終話) | トップページ | 『シンソッキ・ブルース』(19/100 '07) »

2007/05/28

ようやく札幌に到着・・・

いやさすがに参った。
思いっきりハマってしまいました、ANAのシステム障害。

毎年この時期は出張で、ここ数年は北海道に来てますが、
今年はあいにく昼間に会議が入ったため、最終の千歳便を予約。
マイルの関係でふだんはJALを使うことが多いのだけど、
少しでも遅い時間のほうがよかろうと、最終を取ったわけです。
会議がなければ札幌ではなく函館に入るはずだったので、
そうしたら確実にJAL便を選んでいたはずで、
今回のトラブルには巻き込まれなくてすんだのに・・・

ともあれ、最終便はエアドゥとANAのコードシェア便だったので、
欠航にならなかっただけマシだって考えることにしますよ。
ANAの単独便は、ことごとく欠航でしたからね、千歳行きは。

日中の便ほどではなかったけれど、この便も遅れましたね。
乗るはずの飛行機が到着しないってことで、
9時発のはずが、搭乗開始が9時25分、滑走路に出たのが40分ごろ、
飛んだのは45分くらいだったかな。で、着陸が11時15分。
本来は10時半到着予定の飛行機だから、およそ45分遅れですか。

千歳では、JR が臨時列車を出してまして、
無事に札幌には着きましたが、時間はすでに12時23分。
ほっとしたのもつかの間、外に出たらタクシーが長蛇の列・・・
しかも寒いっ! 東京の最高気温が27度だったのに、夜の札幌11度!
凍えながらタクシー待ったデスよ。ホテル着いたらもう1時。
さすがに疲弊しました。長い一日だったよ。ほんとならもう夢見てる時間。
ところでタクシー代は、エアドゥさんが搭乗のときに「お車代です」と、
搭乗者ひとりひとりに配ってくれたお金を、ありがたく使わせてもらいました。

しかし、満席だったんですよ。その全員に足代を出して、
しかもおそらく、JR の臨時列車の費用も負担したわけで、
さぞかし大変だろうに(原因はANAなのに・・・)と思ったのだけど、
タクシーの運転手さんが、「臨時列車を出してもらわないと、
空港近くのホテルに宿泊させなくちゃいけなくて、そのほうがお金がかかる」
とおっしゃってまして、なるほどねぇ、と思ったのでした。

記念だから、足代を。

200705280153000_1









|

« 『1%の奇跡』(第25話・最終話) | トップページ | 『シンソッキ・ブルース』(19/100 '07) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/56534/6576422

この記事へのトラックバック一覧です: ようやく札幌に到着・・・:

« 『1%の奇跡』(第25話・最終話) | トップページ | 『シンソッキ・ブルース』(19/100 '07) »