« 『白雪姫』(第5・6話) | トップページ | 『家族の誕生』(22/100 '07) »

2007/06/11

『ハリー・ポッターと炎のゴブレット」(21/100 '07)

最初にシリーズを手に取ったときは仕事がらみで原書で、
途中で仕事だっていうのを忘れてすっかり読みふけっちゃったのですが、
翻訳版が出るようになったら原書を読むのはやっぱり大変で、
でも翻訳版は原書の世界観までは伝えられないんだよなーーー、と、
結局は途中で読むのをやめちゃったのだけど、映画だけは劇場で見てました。

『炎のゴブレット』はチャンスを逃して見てなかったのですが、
そろそろ『不死鳥の騎士団』も始まるし、取り急ぎ見ておこうかな、と。

シリーズとはいっても、もう毎回監督は変わってるし、
監督の色というか、やりたいことというか、けっこう如実に出てるなぁ。
なんて思ったりもしたけど、見たら見たで、やっぱりおもしろかったなー。

前回のロンは、大人でも子どもでもない、ちょうど端境期で、
ちょっと不安定な感じがあったけれど、今回は落ち着いてる。
変わりにといっちゃーなんだが、ハーマイオニーが、
今回はそんな時期に入っちゃった感じで、少し残念。
そういえば、ハリーはそんな時期がないな、いまのところ。

個人的には、ドラゴンがイメージと違う。顔がいちばんイケテナイ。
もちろんジブリ版『ゲド戦記』のドラゴンもだめ。あれは太りすぎ。
これぞ! というドラゴンには、いまだに出会えていない。

今回は自宅のちっちゃいテレビで見たのだけど、
やっぱりこのシリーズは劇場で見るに限る。
ということで、ぜったい見に行きます。

|

« 『白雪姫』(第5・6話) | トップページ | 『家族の誕生』(22/100 '07) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/56534/6742217

この記事へのトラックバック一覧です: 『ハリー・ポッターと炎のゴブレット」(21/100 '07):

« 『白雪姫』(第5・6話) | トップページ | 『家族の誕生』(22/100 '07) »