« 『ペンギンの憂鬱』 | トップページ | 『太王四神記』(第1話) »

2008/01/03

『(ハル)』(1/100 '08)

2008年の記念すべき1本目は邦画になりました。
制作年が1996年ということもあって、じつに時代を感じた。
いわゆるネット社会のハシリのころで、モデム内蔵とか、
すでに「モデム」がほとんど死語みたいなんだけど、
チャットとか、いまでもしてたりする人っているんかな?

とか言いながら、当時はあたしもチャットをしてたクチで、
性別のわかんないハンドルを使う気持ちもよくわかるし、
チャットで気が合いそう、って人にはメールしたし、
オフ会とかいって、外で会ったりカラオケで集まったり、したなー。

と、なんだかすごぉく懐かしくなってしまった映画でした。

主要キャストの3人のうち、男がちーーーともわかりませんでした。
深津絵里と、戸田奈緒と、あとチェッカーズのつるべえと、
The BOOM の宮沢和史も出てて、音楽関係けっこう豊かね、
と思ったら、映画音楽はつい最近松たか子と入籍して世間を賑わせた
佐橋さんも参加してたりして。ちなみに監督は森田芳光。

それにしたってどうしても主演の男優がわからん。
見覚えはあるような気がするから余計気になるんだよぉ、
と思う間にエンディングでした。エンドロールで確認したら、
なんとこれが内野聖陽!!! 『風林火山』のあの風貌からは、
このヤサ男風の彼が内野さんだなんて、だれが気づくでしょう。

あーーー、びっくりした。

(ハル) (ハル)

販売元:バンダイビジュアル
発売日:2002/08/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 『ペンギンの憂鬱』 | トップページ | 『太王四神記』(第1話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/56534/9705381

この記事へのトラックバック一覧です: 『(ハル)』(1/100 '08):

« 『ペンギンの憂鬱』 | トップページ | 『太王四神記』(第1話) »