« 『いつか眠りにつく前に』(21/100 '08) | トップページ | 『グーグーだって猫である』(23/100 '08) »

2008/03/15

『バンテージ・ポイント』(22/100 '08)

春に向けて、仕事がちょっと忙しくなってきた。
映画に行く時間はなんとか捻出しているけれど、書くヒマがないのであ〜る。
これはじつは、公開初日に見に行ったもの。

ふだんはこの手の映画を劇場であまり見ないのだが、
トレーラーがおもしろかったので、見る。

作りとしては、どっちかというとテレビっぽい。
アメリカ大統領がスペインで演説に立ってすぐに狙撃されて、
それを目撃した8人の人間の視点を借りて、真実を明らかにしていく。
最初は何気なく、大統領が狙撃されて、爆発が起こるのを見ていると、
急にフィルムが巻き戻されて、コトの顛末の発端まで遡る、
で、今度はその同じ時間を、別の視点から眺めてみる。
そうすると、最初の映像とは違う事実が明らかになる。
で、「あれ? こゆことだったの?」と思うと、
これまた再びフィルムが巻き戻されて、例の「発端」まで遡る。

こうして何度か巻き戻されるたび、少しずつ真実に迫っていくわけだが、
8人の目撃者がいるからといって、8回も巻き戻さないのでご安心を。
さすがにちょっと飽きてきたなー、と思ったころを見計らうように、
止まっていた時間が流れ出して、後半はアクション映画に早変わりです。

アクションシーンとかは、「ありえねー」の連続だったりもするが、
ものすごくうまく映像を組み立てているので、迫力がある。
みずから「サスペンス・アクション」というだけあって、ホント順番通り、
サスペンスとアクションが楽しめる映画だった。

主役はとりあえずデニス・クエイドなんだが、なんだかえらくしわくちゃで、
ちょっとアクションするには年取りすぎなんじゃないのぉ〜? なんて、
むしろハリソン・フォードで見てみたいよ、とか思ったんだが、
ハリソンのがずっと年上だった。
デニス、53歳には見えんのよ。

|

« 『いつか眠りにつく前に』(21/100 '08) | トップページ | 『グーグーだって猫である』(23/100 '08) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/56534/11379928

この記事へのトラックバック一覧です: 『バンテージ・ポイント』(22/100 '08):

» 「バンテージポイント」小粒ながら引き締まった良作・オススメ! [soramove]
「バンテージポイント」★★★★☆!オススメ デニス・クエイド、マシュー・フォックス主演 ピート・トラヴィス監督、2008年、アメリカ、90分。 スペインで挨拶をしようとするアメリカ大統領が 何物かに狙撃された、 テロの脅威に逃げ惑う人々の混乱に 追い打ち...... [続きを読む]

受信: 2008/03/28 22:10

« 『いつか眠りにつく前に』(21/100 '08) | トップページ | 『グーグーだって猫である』(23/100 '08) »