« 『スパイダーウィックの謎』(28/100 '08) | トップページ | じつは明日から・・・ »

2008/04/03

『マイ・ブルーベリー・ナイツ』(29/100 '08)

ここのところ仕事が忙しい。
実はこの週末からちょっくら海外に逃亡予定。
だもんで、ますます忙しいのは自分のせいでもあるのだが、
ちょっと人とピークにずれがあり、みなさん平穏な日々。
昨日も昨日とて、どこかの部主催の花見があり、
いつもは混雑のこの職場も7時を過ぎたらからっぽの有様。

人間、身勝手よね。

静かだから仕事がはかどるっちゃーその通りなんだけど、
だんだんと腹が立ってくるわけです。

「なんだよみんなで花見なんかしちゃって、
 なんであたしだけが働いてんだよ(←大きな間違い)
 腹ヘッターーー、クサクサするーーー」

というわけで、

「ふざけんなっ! イイ男を拝みにいっちゃるっ!!!」

と突然決意して、決意通り、最終のイイ男さんデートに滑り込む。

とか言いながら、ジュード・ロウをイイ男だと思ったのはここ最近。
それまではアンドロイドかキューピーちゃんだとバッサリ切り捨ててたのに、
『ホリデイ』で泣く男の彼を見ちゃったら、瞬殺で、

「なんでアタシの目はいままで曇っていたの?」

とか思ったりなんかして。単純なのさ。

というわけで、久々のジュードはやっぱりカッコよく、
「たまにはイイ男を見なくちゃねぇ〜〜」と思いながら、
それでも何か大事なことを忘れてるような思いがちらつき、
そしてある瞬間、あるものを目にして思い出したのでした。

「そーーーーだ、ジュードって胸毛あるんだった・・・」

どうしても、生理的になぜか、胸毛がダメなんです、アタシ・・・

でも映画は、とってもすきな空気だった。
ウォン・カーウァイの映画は好き嫌いが大きく分かれるだろうし、
空気感がダメだと、俳優や音楽がどんなに良くてもダメだろうと思う。

ロードムービーなんだけどハードじゃなくて、
かといって『リトル・ミス・サンシャイン』ほどペーソスがあるわけでもなく、
なんというか淡々と、いろいろの人生がめぐってゆくかんじ。
レイチェル・ワイズとかナタリー・ポートマンとかデヴィッド・ストラザーンとか、
まわりの人たちの人生がじつに波瀾万丈でドラマチックで、
だもんで余計にノラ・ジョーンズがどこにでもいる「ふつうの人」に見えて、
それがいい意味で、この映画に味を与えているような気がする。

いやしかし、ジュードのような人が待っていたら、
それも1年近くも自分を待っていてくれたら、、、

考えただけで、ブルーベリーパイのアイスクリーム添えが食べたくなる。


|

« 『スパイダーウィックの謎』(28/100 '08) | トップページ | じつは明日から・・・ »

コメント

そうそう。
私は「苦手」タイプなのだ。
彼の作品は。

幻想的で映像と音楽のマッチ感がステキなのはわかるんだが
どうもそれが苦手で眠くなる・・・

昔はこういうの好きっていうか
おしゃれだなーって見てたんだけどね。
きっとまた年月が流れたら好きになるような気がする。

投稿: ツレ | 2008/04/07 09:37

あたしもねーー、どっちかというと苦手かも。
でも今回は、さらっとしてていいかんじ。
曲もノラだったからかも。
あんまり幻想チックでもおとぎ話的でもなかったよ。

投稿: 音樹 | 2008/04/11 13:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/56534/12218938

この記事へのトラックバック一覧です: 『マイ・ブルーベリー・ナイツ』(29/100 '08):

« 『スパイダーウィックの謎』(28/100 '08) | トップページ | じつは明日から・・・ »