« 復活間近 | トップページ | 『少林少女』(33/100 '08) »

2008/06/07

『フィクサー』(32/100 '08)

なんとなく自分の中で、『大いなる陰謀』と『フィクサー』がセットになってて、
どっちも見なくちゃ、でも『大いなる陰謀』はアカデミーノミネートだし、
こっちのほうが期待大かな? てな気持ちで行ったのだけど、期待が大きすぎたかも。

娯楽作品としては大変に楽しく見たのだけど、
アカデミーってほどではないだろう、という気がした。
ティルダ・スウィントンも、悪くはないんだけど、助演女優賞とるほどかな。
むしろ、トム・ウィルキンソンに助演男優賞をあげたい。

思うに、サスペンスにしたかったのか、人間ドラマにしたかったのか、
最後までどっちつかずっぽい印象を残したのがいけなかった気がする。
個人的には人間ドラマにしたほうが、結果的にはサスペンス要素も生きるかな、と。
そのわりには、ティルダのキャラがいまひとつ弱いかな。
ってか、トムに食われてるんだな、ジョージ・クルーニー含めて。

ま、シドニー・ポラックの遺作になったので、おまけで★4つ。

|

« 復活間近 | トップページ | 『少林少女』(33/100 '08) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/56534/21472555

この記事へのトラックバック一覧です: 『フィクサー』(32/100 '08):

« 復活間近 | トップページ | 『少林少女』(33/100 '08) »