« 『幸せになるための27のドレス』(39/100 '08) | トップページ | 『ラスベガスをぶっつぶせ』(41/100 '08) »

2008/06/07

『僕の彼女はサイボーグ』(40/100 '08)

『猟奇的な彼女』『ラブレター』『僕の彼女を紹介します』のクァクジェヨンが、
日本でメガホンを取った本作。今回もまた女優をプロモビデオ並みに撮るのか?

結果 → 綾瀬はるか、最高

いやぁ〜〜〜〜、かわいいっ!
こんなにかわいく撮れるなんて、撮影中、監督は女優に恋してるに違いない。
半ば真剣に、そんなふうに思うほど、この綾瀬はるかはかわいい。
男とか女とか関係なく、子どもとか年寄りとかも関係なく、
見る人みんなを魅了してしまうだろうなぁと、本気で思った。

そしてなぜか、小出恵介が途中からずーーーっとチャテヒョンに見えた。
ちっとも似てない気がするのに、不思議と似てる。なんだなんだ、どゆことだ?

日本のスタッフで、製作も日本で、キャストも日本人、セリフも日本語。
なのになぜか、韓国映画のにおいがぷんぷんとする、不思議な作品。
それは屋上部屋やゆで卵やおんぶだけのせいじゃない気がする。
クァク監督の遊び心から随所に散りばめられたパロディというかオマージュが、楽しい。
わかる人だけわかって、にやにやするのがよろしいかと。

個人的には全身白い衣装に身を包んだ伊武雅刀が、
とある誰かさんを思い出させ、心の中で大爆笑。
竹中直人もいい味だしてます。

タイムトラベルものですが、そこんところを深く考えると頭がおかしくなります。
ストーリーの通りに見て、理解して、深く突き詰めずに、単純に楽しむべし。

|

« 『幸せになるための27のドレス』(39/100 '08) | トップページ | 『ラスベガスをぶっつぶせ』(41/100 '08) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/56534/21473899

この記事へのトラックバック一覧です: 『僕の彼女はサイボーグ』(40/100 '08):

« 『幸せになるための27のドレス』(39/100 '08) | トップページ | 『ラスベガスをぶっつぶせ』(41/100 '08) »