« ラースと、その彼女(21/100 '09) | トップページ | バーン・アフター・リーディング(23/100 '09) »

2009/04/30

スラムドッグ$ミリオネア(22/100 '09)

なんというか、よい映画だった。

スラムの現状を伝えるだけの重苦しい映画にも、
一途な想いを遂げるだけの、単なるラブストーリーにもなっていない。
暗くなりがちな話題を、爽快な後味に仕上げているのはダニー・ボイルの手腕か。

アカデミー賞で作品賞を取ったのはもちろん、
撮影賞と脚色賞も取ったのを、無条件で納得。
冒頭のスラム街での追いかけっこなんて、泣けるほどすごい。
くそまみれのちびジャマールがサインを高々と掲げるシーンは、
心の中で「取ったどー」とアフレコしちゃったりもして。

悲惨な境遇なのに、そこでもがき苦しむ姿にいちいち悲壮感を漂わせず、
楽観的というと語弊があるけれど、人の強さを信じている感じとか、
悪い輩に対する、根底に性善説があるんじゃないかと思わせる愛に満ちた視線とか、
そういうところが、イギリス映画だなぁと思った。『ラッキーブレイク』とか、
『キンキーブーツ』とか、『カレンダーガール』とかに通じる空気。
やっぱり好きなんだ、イギリス映画。


|

« ラースと、その彼女(21/100 '09) | トップページ | バーン・アフター・リーディング(23/100 '09) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/56534/29368586

この記事へのトラックバック一覧です: スラムドッグ$ミリオネア(22/100 '09):

« ラースと、その彼女(21/100 '09) | トップページ | バーン・アフター・リーディング(23/100 '09) »