« 2009年5月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009/08/31

『ナイトミュージアム2』(40/100 '09)

金曜日の夜に時間指定で宅急便を頼んでいたので、
時間帯にギリギリ最後に来ても間に合う時間を選んで、
『ナイトミュージアム』を見に行く。
前作も見ていたので、今回も、まぁ、惰性です。ベン好きだし。

今回の相手役はあのエイミー・アダムスだというので、それも楽しみ。
前作後にすっかり金持ちの仲間入りをして夜警を辞めてたベンですが、
たまに夜のミュージアムに行って仲間とは交流を深めていたようです。
それが、抜本的なミュージアム改装によって展示品は倉庫送りが決定。
手の施しようもなく、最後の夜を迎えてしまうのでした。

が。
例のあの珍種のサルが、今回もまたやらかしてくれるのでした。

シリーズ物のご多分に漏れず、どうも小粒感が否めない。
前回の、あの驚きとかワクワク感とか、新鮮さがないのは仕方ないが、
えーー、こんなことまで! 的なびっくり度が低い。
絵のくだりとか、頑張ったんだろうなぁと思うのだけど。
「みんなが知ってる」ことをうまく使ったエピソードはうまかった。
初めてジョナス・ブラザーズの歌をじっくり聞いたけど、これも良かった。
モトローラのくだりも、定石だけど、いい感じに使われてた。

これさ、3Dとかになったらおもしろいのになー。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/25

夏の映画の総まとめ

気分的に映画なかんじでなかったこの2か月くらい。
ほんとにぽつぽつとしか見ていなくて。
そろそろ夏も終わりで映画な気分を盛り上げるため、
これまでの書かなかったものを整理しようと重い腰を上げる。

エントリー見たら、『天使と悪魔』以来なにも書いてないのね。
いかんわねー。

6月に入ってから、試写でまず『ディアドクター』を見る。
渡辺淳一の「雲の階段」を思い出した。
彼の心は、彼だけにしかわからないよなぁ。

その後、公開初日に『ターミネーター4』を見る。
これはもう惰性で見続けているようなかんじではあったのだが、
今回は断然おもしろかった。2と3はただの「おいかけっこ」だったのが、
きちんとストーリーがあったし(当たり前)
というか、1の衝撃を思い出し、長年の謎が解けたかんじ。
とはいえ、1で恋したマイケル・ビーンが、
なぜあんなコドモになってしまっているのかは謎のまま。

続いて DVD で『百万長者の初恋』を見た。
クァクジェヨンのアイドル映画はアイドル映画なりの美学があって、
今回もヒョンビンくんのアイドルっぷりを大いに期待していたのに、
なんだか思いっきり期待はずれだったんだよなー。なぜだろう。

7月の最初に、駐在妻をしてる友人を訪ねて上海に行ったのだが、
機上で『ロマンチック・アイランド』を見る。
まったく期待していなかったのだが、けっこうおもしろかった。
それなりにヒネリもあり、それなりにファンタジーで、それなりにリアル。
だもんで、それなりにおもしろかった。

帰ってきてから不毛の日々が続く・・・

そして7月末、試写で『ノーボイズ ノークライ』を見る。
脚本が『ジョゼと〜』の渡辺あや、主演が妻夫木聡とハジョンウ。
監督は韓国人という、日韓合作映画でした。
ハジョンウは『チェイサー』のイメージが強烈だったのだが、
今回の役は少々すっとぼけ入ってる、愛すべき「残念な人」であった。
こういうの、かなりすき。そして妻夫木くんは逆に、
いままで見たことない妻夫木くんでした。これはこれで良い。

夏休み前に滑り込みセーフで見たのも試写で、
ジェラルド・バトラーとキャサリン・ハイグルの『男と女の不都合な真実』。
なんじゃこのタイトルは! と思ったあなた、正解!
確かにおもしろくってゲラゲラ笑ったんだけども、
笑ったことを人に言ってはいけないと思わせるほど「お下品」。
よくこんな映画に出ようと決めたね、ふたりとも。と思う。
でもまぁ、おもしろいから、見てみてください。
ただし、ジェラルドはひと回りぷっくりとしています。
駄作だったけど『幸せの1ページ』のときの彼のが好き。
(あーー、これも「なんじゃこりゃタイトル」の映画だったね)

夏休みは実家でゴロゴロしたのでありますが、
母が入手してきた『魔法にかけられて』を、また見てしまいました。
特典映像とか、けっこうおもしろかった。
スクリーンでは気づかなかったが、エイミーのシワがよく見えた。
そういえばこのときは『グレイズ・アナトミー』を見ていなかったので、
パトリック・デンプシーを見て「なぜコイツが?」と思ったものでした。
いま見ると・・・

いま見ても、好きな顔じゃないな。。。


追記
すっかり忘れていたけど、7月末にハリポタも見ていた。
これもまぁ惰性で見ているようなもんだけど、それなりに楽しめる。
みんな大人になっちゃったなー なんてことを思いながら見たのでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年9月 »