« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009/10/30

空気人形(57/100 '09)

どうしてペドゥナなんだろう・・・

ペドゥナは大好きな女優さんのひとりだけれど、なぜ彼女を起用したのかが不思議だった。
まるでお人形さんのようなスタイルの人ならば、いくらでもいる。
セリフだって、そうは多くないだろうし、何もわざわざ、と。
けれど見終えると、これはペドゥナでなければ駄目だと思わされている、自分。

寓話と、簡単に定義できないお話だった。

性欲処理の代用品であるダッチワイフが、あるとき心を持ってしまう。
生まれたての赤ん坊のような、心。持ってはいけない、心を。
見るもの聞くもの触れるもの、すべてが美しい。世界は彼女に優しい。最初のうちは。
そして彼女は、恋に落ちる。

都会に住む私たちは、だれもが孤独を抱え、
周りとうまく接点を結べないで生きている。
努力しても結べないのじゃない。結ぶことを放棄している。

 面倒くさい。
 ややこしいのは疲れる。
 自分の気持ちなんてだれもわからない。

だから、だれにも侵されない自分だけの城を造って、その中でひっそり生きている。
けれど、孤独は少しずつ、心を蝕んでいく。心は、だんだんと壊れていく。

空気人形は、たとえ心を持ったとしても、それだけでは完結しない。
彼女の空っぽのに体の中に、だれかが生命を吹き込んでくれなければ。
文字通り、順一が彼女の腹の空気穴から息を吹き込むシーンは、
そこらへんのセックスシーンよりずっと、エロチックだ。
心も体も満たされる。命を吹き込まれる。愛を吹き込まれる。
けれど、愛を知ることはすなわち、痛みを知ること。
順一を想いながら、彼の「特別」になれない空気人形が、
無邪気にも選んだ方法は、悲劇を生んでしまう。

空気人形は、人形でありながら、私たちを映す鏡だ。
思えば私たちの多くは、多かれ少なかれ心に空虚を抱えて生きている。
凡庸で、いくらでも替わりのいる自分は、空気人形と同じ代用品でしかない。
用を足さなくなったら、別の代用品と入れ替えればいいだけだ。

自分だけを必要としてくれる人が欲しいーーー

痛切に願いながら、ほかのだれかを「特別」に想うことのない人間。
作中読まれる吉野弘の「生命は」が言うように、人はひとりでは完結しないのだとしたら、
他者との関わりを避けて生きる孤独な命は決して完結することはなく、満たされないままなのか。
冷たい手のひらで、額を冷やしてくれるだけでもいいのに、それすらも、私たちは拒絶して生きているのか。

カゲロウは、成虫になると子孫を残すことしかしない。
エサも食べないから、口も退化してしまっている。

そう語った老人の話には、続きがある。
胃の腑がからっぽで空気しか入っていないカゲロウの腹には、
のど元まで隙間なく、卵がつまっているのだ。
切ないほどに光り輝く、小さな粒が、びっしりと。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009/10/29

悪夢のエレベーター(56/100 '09)

なんとなく『キサラギ』のニオイを感じて行ったのだが、ぜんぜん違った。
終始エレベーターの中で完結する会話劇だと思っていた。
ところが、前半はエレベーターの中での謎かけ、
後半はエレベーターから外に出て、謎解き、のような設定。
似ていたのは、限りなく一幕劇に近いお芝居でも成立する、という点だけ。
ネタバレなしには何も語れない。なので、見えにくくしておく。
でも前半だけ。後半は、やっぱり知らないで見たほうがおもしろいから。

11階建てのマンションのエレベーター。時刻は深夜。
ガクンと大きな音がして急降下、そして停止。
閉じ込められたのは、なんともうさん臭い4人の男女。
明らかに住民なのは一人だけ。残りの3人はいかにも訳あり。

大阪弁の威勢のいい男は、自称プロの空き巣。出所ホヤホヤ、初仕事に来た。
ゴスロリ少女は自殺志願者。界隈で一番高いこのマンションから飛び降りる予定。
不倫相手の家で電話を受けて、産気づいた妻の元へ帰らんとしていた若い男。
そして、全身ミドリのジャージ男は、触れた相手の過去が見えてしまう。

エレベーターは外への連絡手段が途切れ、だれもケイタイを持っていない。
2台あるエレベーターのもう一台が動いているために、
おそらくこのエレベーターが止まっていることに気づく人はいない・・・
一度悪いほうへと考え出したら、だれにも止められない。
もしかしたら、このままだれにも気づかれず、餓死?
出産当日に夫が失踪。見つかったと思ったら愛人宅のエレベーターで餓死。
そんな悲惨な事実を抱えて子どもを育てなければならない妻・・・
若い男は勧められるまま、妻へのメッセージをレコーダーに残す。

と、彼は気づく。

自分は5階から下へ降りるエレベーターに乗った。
ジョギングに向かうジャージ男はともかくとして、
7階に空き巣に入ろうとしたヤクザと、なぜ乗り合わせたのだろう。
そもそも自分が乗ったとき、ゴスロリ少女は乗っていなかったじゃないか!

「あら、ばれちゃった?」
「とりあえず、眠ってもらう?」

・ ・  ・   ・    ・     ・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/10/27

あなたは私の婿になる(55/100 '09)

アラフォー女と年下男のラブコメは日本でだけ流行ってると思ったら、
ハリウッドでもそうなのか。本作しかり、『理想の彼氏』しかり。
昔はこの逆パターンがふつうだった。妙齢のオヂと若娘のカップル。
『プリティ・ウーマン』とか。横道すぎて、もうだれも作ってないかも。
アラフォー女と年下男。日本でも「おひとりさま」が放映中。
どうかなぁ、という一抹の不安を抱きながらも、
なんだか暗い映画や考えさせられる映画を見たい気分ではなく、行く。

設定だけでなくストーリーも王道だった。先が読める。読めるんだけど、楽しかった。
主演の彼は、えーと、ライアン・レイノルズか。お初でした。
ものすごい好青年で、ちょっと引いたのだが、最後はちょっと頼もしくなったくる。
サンドラ・ブロックはもうけっこうイイ年だけど、まだまだラブコメいけるなぁと思う。
手ブラヌードは相当勇気がいったろうが・・・(腹が引き締まっていて羨ましい!)

この王道ラブコメの舞台を、アラスカにしたというのが良かった。
雄大な景色と、見るからに澄んでいる空気の下で、
キュートなおばあちゃん&ママに最初から100パーセント家族待遇されて、
魔女と呼ばれた編集長が自分に欠けているものをしみじみ再確認するんだな。
その魔女が、ちゃんと血の通った人間だったと、アンドリューは知るんだな。
何より、アラスカに行ってみたい気になった。
いままでは雪と氷に閉ざされた極寒の地、というイメージだったけど、
夏のアラスカは、なんだかすごく魅力的だった。

アンドリューの元カノがマリン・アッカーマンで、
あぁ、ほんとに普通の役普通にやれるような位置に来れたんだなぁと、
所属事務所の社長のようにじんわりと喜んでしまった。
なんだかんだいって、出演作6本のうち4本を見ている。
ますます『ライラにお手上げ』を抹殺したいだろうに・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

カイジ(54/100 '09)

最近、天海祐希がかなり好き。
なので、『アマルフィ』を見に行ったのだが、ものすごい消化不良。
泣き崩れる天海さんを見たかったわけじゃないんだ、
なんて思っていたところへ、本作です。今度は威勢がイイようだ。

というわけで、『カイジ』を見に行く。
例によって例のごとく、原作はまったく知りませぬ。
借金大王を集めて豪華クルーズ、ってことしか知りませぬ。
見に行く前々日くらいにようやく松ケンが出てることを知ったくらい。

じつは藤原竜也をじっくり見るのはこれがはじめて。
避けてきたわけじゃないのだが、興味がなかった。
上手かどうかと言われたら上手なんだろうけど、
好きかと聞かれたら、たぶん好きな部類の芝居じゃないかも。
とはいえ、この作品だけのことかもしれないので、
ほかの出演作も見てみたい衝動に駆られた。お芝居も。
いままでは、ちょっと山田孝之と混同することもあったのだが、
これからは絶対混同しない自信がついた。今更である。

肝心の天海祐希は、威勢のいいお姉さんではあったが、ちょっと黒い。
評価のしようのない結果となってしまったなー。
香川照之も好きな俳優なのだが、今回の役は思い切り黒かった。
黒いのもたまにはいいけど、なんとも後味が悪い。

良くも悪くも、コミック作品の映画化だなぁという作り。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/22

GO GO 70s(53/100 '09)

これもコリアン・シネマ・ウイーク。

70年代の韓国ポップカルチャー萌芽の時期に、
実際に活躍したデビルズというバンドをモチーフにした作品。
デビルズのボーカルにチョスンウ。それ以外のキャラにも、
軒並みミュージシャンやミュージカル俳優を起用して、
音楽的レベルにかなりこだわって作られた印象。
シンミナの思い切った衣装とダンスが花を添える。

たいへんおもしろく見たけれど、
見終わってみると、「で、なに?」という想いが強い。
何が言いたかったのだろう。ちょっと、わからない。
おもしろかったから、まいっか。と思えばいいのか・・・

せっかくこの時代を、しかも本当にいたバンドを取り上げたのだから、
きっと何か言いたいことがあったのだろうと思う。
まさかデビルズのファンだから、ってわけじゃないだろう。(と信じたい)

どうでもいいが、一本前の『うちにどうして来たの?』のスガンがカンヘジョンで、
こっちがチョスンウ、っていうのが、なんだかえらい皮肉みたいに思えて仕方なかった。
とはいえカンヘジョンは結婚して母になるというのだから、いまさら、か。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/21

うちにどうして来たの?(52/100 '09)

これもコリアン・シネマ・ウイークで。

なんとも不思議な映画だった。

事件で妻に死なれて以降、自殺を試み続けている男。
自分を二度も刑務所送りにした元凶の男を捜し続けるホームレスの女。
奇妙な同居生活と、次第に生まれる不思議な絆。

スガンは頭の弱い女、という設定なんだろうか。
高校生で二十歳っていうのはどうしてなんだろう。
それにしてもあのしつこさは、怖い。しつこいというより、執拗。ほぼ執念。
それもまともな人間なら。そうでない設定なら、彼女にはきっと、
そうまでしてジミンが逃げ回る理由がわからないだろう。それも、悲しい。

パクヒスンは、どうしてかいつも、チョンジェヨンに見えてしまう。
『ファミリー』でも『バカ』でもそう思い、今回も思った。
韓流ブームからは遠いところにいる人だけど、いい役者だな。

だれにも愛されない女と、だれも愛せない男。

愛がなければ、人は完全になれないのだろうか。
そんなこと、ない。決して、ない。
けれどこのふたりは、愛に飢えている。苦しいくらい。
それなのにこのふたりは、愛を信じられない。悲しいけれど。
愛ではない次善のもので、彼らはお互いを埋めたのかもしれない。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009/10/19

牛の鈴音(51/100 '09)

なんということもないドキュメンタリーが口込みで大ヒット、
これを見て泣けない人は人間じゃない、くらいまで言われた、
噂の『牛の鈴音』を、東京国際映画祭のコリアン・シネマ・ウイークで見る。

無口で頑固で、ちょっと耳が遠くて足の悪いおじいさん、
口から先に生まれてきたのか「あたしゃ不幸だよ〜」と小言ばかりのおばあさん、
そして、その夫婦の日常と仕事に40年間寄り添ってきた老牛(メス)。
この2人と1頭の、長いことくり返された日々の営みの、記録。

ドラマらしいドラマといえば、新しい牛が来たことや、
その牛が子牛を産んだこと、この子牛が脱走しまくって大変なこと、
そして最後のエピソードくらい。なのになぜか泣けるんだよなー。不覚にも。

骨と皮のようになった体で荷車を引く牛。
一歩一歩、確かめるように、ちょっとヨロヨロしながら歩く牛。
監督は、牛の姿を父親のイメージに重ね合わせたと言うけれど、
おじいさんそのものが、父親、おばあさんそのものが、母親、
そんなふうなイメージで、私は最後まで見たというかんじだった。

無口で返事もしなくて頑固で偏屈なおじいさんと、
文句ばかり言いながらも、おじいさんの意向に決して逆らわないおばあさんが、
なんだか自分の両親みたいで、ちょっと苦笑した。

返事しないんだよなー、うちの父親も。
で、「返事くらいしてよ!」と怒られ、「いま考えてる」とのんびり答え、
それがさらに母親の怒りを誘うという悪循環は、
子どものころは苦々しく見ていたが、いまでは一種のコントです。

平和だわ・・・



| | コメント (3) | トラックバック (0)

路上のソリスト(50/100 '09)

ロードショー中にはどうにも時間が合わずに見逃したものの、
ギンレイでやるんじゃないかという淡い期待もありまして。
思惑通りになると、なんか「勝った!」という気になる。

ロバート・ダウニー Jr. はどうってことのなかった人だが、
『アイアンマン』を見て、カッコイイおっちゃんだわ!と思い、
調べてみたらそれほどオヤヂ、ってわけでもなかった。
てっきり50歳くらいかと思ってたのだが・・・

映画では、しごくふつうのコラムニストを演じていて、
出端で顔を思い切り擦りむいて片目を腫らしたときは
「このまま最後まで行く?」と心配したが、大丈夫だった。
短髪のロバートは、なんか新鮮。

お話は実話をもとにしていて、主役はむしろジェイミー・フォックス。
この人、実生活でもジュリアードを卒業しているんだとー。スゴい。
『ドリームガールズ』のときは今ひとつピンとこなかったのだけど、
この映画では、ずいぶんとイメージが違っていてよかった。

実話をもとにしているので、大きな脚色は無理だったのだろうが、
なんというか、尻切れとんぼという印象が拭えない。
むしろこれは、「現在進行形」と言うべきか。

関係ないが、日本語で言う「ソリスト」は、
英語では soloist というのは、勉強になった。

これも関係ないが、先々週の『グレイズ・アナトミー』で you're my person を
「あなたは私の付添人」と訳してて、これまたおもしろい。勉強になった。

一生勉強ですな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

パイレーツ・ロック(49/100 '09)

あの『ラブ・アクチュアリー』のスタッフだというし、
大好きなビル・ナイが出ているので、ものすごく期待度高し!
ふだんは応募しない厚生年金(家から遠い、駅からも遠い)での試写にも応募。
雨が降る中、出かけてきましたよ。(もう10月5日の話ですが)

確かにおもしろかったのだが、期待値から比べるとちょっと物足りなし。
あたし世代よりもう少し前の世代の人は、もっと楽しいだろーなー。
当時の歌が、半分くらいしかわからなかった。
でも、知ってる曲がかかると、頭の中でいっしょに歌ってる。
歌ってすごいなー、と思う。いつまでも、生きる。

ビル・ナイは、パイレーツでは顔も見えないお化けタコだったので、
今回はかっこいいヂヂイ役がずっぽりハマってて良かった。
とりわけエンドロールのダンスはもう、ハート奪われました。
こんなおじいさんなのに、なんでカッコいいのかなー。謎だなー。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/03

第10回 NHK アジア・フィルムフェスティバル

チャンジンで思い出した。

去年の開催ではチャンジン監督の『My Son』が上映で、
意を決してサイン&握手をお願いしたのを、遠い目で思い出す・・・

ここ数年、韓国の作品が紹介されていたので
今回もと期待していたのに、すっかり情報を追いかけるのを忘れてた。
チケット安いし座席数少ないのに監督や俳優がティーチインするから、
結構な激戦なんだよなぁーと思いながらググってみたところ、
今年は残念ながら韓国作品はありませんでした。
過去の作品の記念上映では『ペパーミント・キャンディー』をやるらしい。
でもこれはもう見ちゃったからなー。

ちなみに、今年の概要は、こちら。

http://www.nhk.or.jp/sun-asia/aff/10th/index.html

『ペパーミント・キャンディー』の話は、ここ。
http://www.nhk.or.jp/sun-asia/whatsnew/index.html#20090925


| | コメント (0) | トラックバック (0)

この人どこかで・・・

東京MXテレビでやっている「韓流フォンデュ」という番組を何気なく見ていたら、
チャンドンゴンの最新作ですよー、とやっていた。大統領役なんだって。
大統領が、たくさん出てくるんだよ。この人も、この人も、と紹介。
そんな撮影現場を、ほぉー、今度はコメディに出るのか、ドンゴンしぃは。
なんつってソファーにごろごろ横になりながら見ていた次の瞬間、
背筋ぴんと伸ばして立ち上がってテレビににじり寄ってしまいました。

ドンゴンしぃとモニターを眺めているこのキャップの彼は・・・

もしかして、
もしかして、
いや違うかも、
だってそうならひと言くらい言うだろ
何も言わないなんてことないだろ
違う? 違う? でもよく似てる・・・

ほんの一瞬の出来事でしたが、ネットでググってみたところ、正解でした。

チャンジン監督の次回作、『グッドモーニング・大統領』
釜山映画祭のオープニング作品に決定だそうです。

チャンドンゴン主演なら、日本でも劇場公開するなぁ・・・(妄想中)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『なくもんか』(48/100 '09)

試写で、クドカン脚本、阿部サダヲ主演の『なくもんか』を見る。
クドカンの映画はじつは初めてなのです。
ドラマは、いくつか見たことがあって、とりわけ好きとか嫌いとかでなく、
というより、それを判断できるほど多くは見ていないのが現実。
いっしょに行った友人は、クドカンの映画はいまひとつ苦手な人。

そんなふたりでしたが、いやぁーーー、楽しんだ。
基本的に阿部サダヲのテンションはすごく好きなので、
どこか哀愁漂うあの笑顔にやられっぱなしでした。
瑛太くんの出演作もいくつか見てるけど、これがいちばん好きかも。
阿部サダヲと兄弟ってどうなのよ、と思ったけど、途中から似て見えた。(かも)

脇のキャラもすごくよかった。
プチ整形疑惑の山ちゃん妻、竹内結子とか、
その母いしだあゆみとか、よくぞそこまで演ってくれました!的な。

そして、キャッチコピー

これは笑える悲劇か、泣ける喜劇か

にあるように、うっかり泣いてしまいました。
だいたいの展開は読めるのだ。生き別れた兄弟の再会劇なんて、
そんなにバリエーションないからね。読めるのだが、
とある一点だけは読めなかった。読めなくてよかった。笑った。
も、とにかく、阿部サダヲがサイコーです。

なんだかハムカツ食べたくなっちゃったよー。
ふつうのソースでいいです。給食についてくるやつで。

劇場公開になったら、も一回見たい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »