« あなたが寝てる間に…(58/100 '09) | トップページ | 『悪人』 »

2009/11/13

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない(59/100 '09)

『キサラギ』がものすごくおもしろかったので、
ものすごく期待して試写に行ったのだけど、
これは『キサラギ』とはまったく違う映画でした。
考えてみれば「そりゃそうだ」なんだけど。
同じもの撮ってても進歩がないじゃんね。

なんだけど、やっぱりちょっと物足りない感があるのだ。
随所に散りばめられた小ネタは気がきいているし、
間とかタイミングとか、かなりこだわって作っているのだけど、
どうも役者と監督の一体感が感じられないのだ、『キサラギ』ほど。
なんということはないふつうのセリフを、なんともビミョーなモノに変える力を、
『キサラギ』の出演者の面々は有していたのだなぁとしみじみ思った。
たとえば同じ「はい」や「いいえ」でも、間の取り方や言い方でずいぶん意味は変わる。
監督が生み出したいという意味合いと実際のそれとが、『キサラギ』は近かった気がする。

笑いとドキドキと笑いとハラハラが、ジェットコースターに乗っているように、
ものすごい短いスパンで入れ替わる展開ではなく、
ドラマ性を見せることに力が入っている点でも、大きく違っている。
芝居というよりは映画だ。映画を見に行っているんだから、映画でいいのだけど。

頭ではものすごくよくわかっているんだけど、どうも心が納得いかない。
小池くんは頑張っていたけどね。一生懸命な感じが伝わってきました。

個人的には、本当に申し訳ないけど、品川さんがダメでした。
役の上でのことだとわかっているのだけど、どうにも受け入れられず。
こういうタイプの人にものすごく嫌悪感を感じるのだけれど、
ある意味、それをスクリーン上で感じさせたという点では、怪演なのかな。

|

« あなたが寝てる間に…(58/100 '09) | トップページ | 『悪人』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/56534/32196780

この記事へのトラックバック一覧です: ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない(59/100 '09):

« あなたが寝てる間に…(58/100 '09) | トップページ | 『悪人』 »