« カールじいさんの空飛ぶ家(65/100 '09) | トップページ | 息もできない(67/100 '09) »

2009/11/26

フローズン・リバー(66/100 '09)

ニューヨークとカナダの国境であるセント・ローレンス川の両岸には、モホーク族の居留地がある。
冬になると凍りつくセント・ローレンス川は「道」となり、両岸をつなぐ。
アメリカ、カナダ両国の警察の手が及ばないこの川の上を、車は行く。
トランクに、不法入国者を詰め込んで・・・

ギャンブルから足を洗えない夫から家族を守ろうと必死に生きるレイ。
夫亡きあと、病院から出産直後の息子を夫の母に奪われ、遠くから見守るしかないモホーク族のライラ。
まとまったお金さえあれば、なんとか生活を立て直せるふたり。
人種も生きてきた背景もまったく異なるふたりは互いに嫌悪していたが、ただ一点、子を思う「母」という接点で繋がった。
そうして、カナダ側から不法入国者をアメリカに運ぶ犯罪へと手を染めていく。

不幸の連鎖に絡めとられて抜け出せずにもがいている「母親」という人種の弱さと、そしてその強さを描いた作品。
実際にこういった犯罪が行なわれていたという事実を元に、新人監督コートニー・ハントが着想を得てシナリオを書いたという。
レイを演じたメリッサ・レオはアカデミー主演女優賞にノミネートされ、
グランプリを取ったサンダンス映画祭では、あのタランティーノに「今年観た中で最高にエキサイティングで息をのむほどすばらしい」と言わしめた。

久々に、見応えのある良い映画を見たなあと、素直に思える作品だった。

|

« カールじいさんの空飛ぶ家(65/100 '09) | トップページ | 息もできない(67/100 '09) »

コメント

突然で申しわけありません。現在2009年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票は1/14(木)締切です。ふるってご参加いただくようよろしくお願いいたします。
日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.movieawards.jp/です。
なお、twitterも開設しましたので、フォローいただければ最新情報等配信する予定です(http://twitter.com/movieawards_jp)。

投稿: 日本インターネット映画大賞 | 2009/12/21 21:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/56534/32338463

この記事へのトラックバック一覧です: フローズン・リバー(66/100 '09):

« カールじいさんの空飛ぶ家(65/100 '09) | トップページ | 息もできない(67/100 '09) »