« 2010年4月 | トップページ

2010年8月

2010/08/09

『マイレージ、マイライフ』

マイレージ、マイライフマイレージ、マイライフ (2009)

【監督】ジェイソン・ライトマン
【出演】ジョージ・クルーニー / ヴェラ・ファーミガ / アナ・ケンドリック / ジェイソン・ベイトマン / ダニー・マクブライド / メラニー・リンスキー / エイミー・モートン / サム・エリオット / J・K・シモンズ


★★★ [60点]「どうもいまひとつ…」

よさがわかりませんでした。
どうしてこれが、脚本賞とか取れたのでしょう。
ほんとうにフツーの話で、どこにでもありそう。
ジョージ・クルーニーの演技もフツーだし。

それよりむしろ、狙ったかのようなエピソードに食傷気味。
新人が恋人にリストラされたり、
妹のフィアンセが当日に二の足踏んだりと、
素人さんだって考えつくような山場の数々。
もういいです、ごちそうさま、というかんじ。

何かいいところを探そうと見ていたつもりだけど。
本社がオマハ、というのは懐かしかったかな。
出張ばっかりであまりオマハは映らなかったけど。

なぜだろうなぁ。何がいけなかったのかなぁ。

ひとつ言えるのは、新人が早口すぎて NG でした。
落ち着いて、落ち着いて、と心の中で言い続けていた。





Posted by coco_i on 2010/08/09 with ぴあ映画生活

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『しあわせの隠れ場所』


しあわせの隠れ場所 (2009)

【監督】ジョン・リー・ハンコック
【出演】サンドラ・ブロック / ティム・マッグロウ / クィントン・アーロン / キャシー・ベイツ / リリー・コリンズ / ジェイ・ヘッド / レイ・マッキノン


★★★★☆ [90点]


見たいと思いながら機会を逸していたのだけど、ようやく見た。
原題の Blindside が、アメフトにもマイケルの境遇にもかかっていて、
ほんわかと暖かみを伝える『しあわせの隠れ場所』よりよほどいいと思う。

ブラインドサイドはクォーターバックの死角。
blindside には「死角、盲点」なんかの意味があるけれど、
つまりは「見えないところ」。
マイケルは、見えないところで懸命に生きてきた。
見えないはずの彼に気がついて、手を差し伸べたのがリー・アンとショーン夫妻。
決してしあわせが隠れていた場所なんかじゃなくって、
みんなが目をそらして見なかった場所のことを指していると思う。

サンドラ・ブロック演じるリー・アンは、いわゆるセレブなんだけど、
妙に肝っ玉母ちゃんキャラで、すごくいい。
クリスチャニティーの尊敬すべきところは、自然に相手の手を取れることだと思う。

富は自分の労働の成果ではなくて、神様からの預かりもの。
たまたまいま、自分は多く預かっている。
だから、あまり預かっていない人と分かち合おう。

同情でも施しでもなく、あまりにも当然のようにリー・アンは、
マイケルを家に招き入れてしまう。
夫も、息子も娘も、彼を受け入れる。

尊敬すべきは、その懐なのだと思う。
Posted by coco_i on 2010/08/09 with ぴあ映画生活

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/04

『シークレット』

★★★☆ [70点]「ものすごく惜しい」
『セブンデイズ』脚本のユン・ジェグ初監督作品ということで、それらしい雰囲気のある映画でした。
私はわりとトリックに引っかかりやすくて最後までわからない人なのですが、本作は注意して見ていると、比較的だれでもわかるかも。でも本当の「シークレット」は・・・。せっかく仕掛けたそのシークレットへの伏線のはり方がちょっと弱かったのと、尺が長くて少々ダレルのが、ものすごく惜しい。あと10分くらい短くしてピリっとまとまると90点でした。撮影監督は『チェイサー』のイ・ドンジェですが、暗い室内の迫力はさすが。
個人的にはジャッカルを演じたリュ・スンニョンが良かった。チャ・スンウォンはなんだか雰囲気がこれまでとガラッと変わっていて、驚きました。少し痩せたのかな?
Posted by coco_i on 2010/08/04 with ぴあ映画生活
シークレット (2009)

【監督】ユン・ジェグ
【出演】チャ・スンウォン / ソン・ユナ / リュ・スンニョン / キム・イングォン / パク・ウォンサン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ