2009/05/27

柏木広樹 @ クロサワバイオリン渋谷本店

『おくりびと』のときに柏木広樹さんとクロサワバイオリンに触れましたが、
柏木さんが件のクロサワバイオリンで現代の巨匠ビソロッティ・ファミリーの長男、
マルコ・ビソロッティ氏来日記念のインストアライブをされるとかで、
クロサワ顧客のツレちゃんに席を取ってもらい、日曜日に行ってきました。

いきなり現代の巨匠と言われてもなー

ごもっともです。
ビソロッティ一族は、ヴァイオリンやチェロの制作者です。
バイオリン一台で、軽く新車が買えます。軽自動車じゃないですよ。
プリウスだって買えちゃいます。あたしの知らない世界です。

そのビソロッティ作のチェロとヴァイオリンで、
ビソロッティ一族の長男の聴いている前で弾くのは、けっこう緊張しそうだなー。
なんてことを思いながら、聴いていました。

楽器の音を聞き分ける耳は持っていないのですが、
印象としては「若いなー」という感じ。響きが全方位的でないというか、
伸びが直線的というか、遊びがないというか、そんな感じです。
演奏が続くにつれて、だんだんほぐれてくるような、丸みを帯びるような、
楽器が少しずつ肩の力を抜いて本来の力を発揮するようでした。

なんか、冷やしすぎた白ワインをゆっくり飲み進めていくような感じ?
最初は香りも立たないしちょっとカドカド、ツンツンしているんだけど、
温度が上がると香りたち、渋み以外の味が前に出てくるでしょ?
しかも飲んでるこっちは酔っぱらってきて、懐大きく「さぁおいで!」的な、
あんなかんじ。

柏木さんのチェロ、室屋くんのバイオリン、林さんのピアノのトリオで、
クラシックとは違う弾かれ方をする最愛の楽器たちに、
マルコさんも驚いたとコメントしてました。

もちろん第一義的にはクラシック奏者に弾かれるために作られる楽器で、
遊びでちょろっと手を出せるようなお値段でもないのだけれど、
楽器のポテンシャルが高ければ、どんなジャンルでもこなせる、の典型のようでした。

ライブ後に店内をうろついて実際の楽器を間近で見たのだけれど、
お値段のところは「Ask!」と書かれておりました。
怖くて聞けないっつーの。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/09/16

The Symphonic Live at ティアラこうとう

Symphonic なんだけど Live という、なんとも贅沢な響き。
東京を拠点にする明音交響楽団の演奏会なんだけど、
指揮を啼鵬くんが、ゲストに大ちゃんが、というので、
発表になってからずーーーーっと楽しみにしていたライブでした。
あいにく前日から社員旅行だったのだけど、早退して会場へ。
ツレに席を頼んでおいて、お礼に大きめの葡萄を摘んで持ってった。

いやぁーーー、音楽って楽しい!
聞いてるほうがこれだけ楽しいのだから、演ってるほうはいかばかりか。
クラシックの曲も多いし、寝ちゃったらどうしようと心配してたのに、
ちらりとも眠くならず、瞳キラキラで見てた気がします。

ブログで「コソ練したい」と書いてた大ちゃんでしたが、
最初のばっちりスーツで決めたピアノ協奏曲『宿命』も、
緊張してる?という空気は最初だけ。途中から足がパタパタしだして、
ああ、いつもの大ちゃんだぁーと、相成りました。
本当にこの人のピアノは、音がつぶつぶしていて、
(ぱらぱらしてる、ということではなく、一音一音が大切に弾かれてる、
 というかんじです。プロでもだらだらと、音がダダ漏れの人、多いし。
 そんな人には一度、アルゲリッチのピアノを聞いてこいと言いたい)
ピアニシモがホールの最後まできちんと聞こえる。
ピアニシモは「音が小さい」のではないと教えてくれた人です。

年齢もバラバラ、キャリアもバラバラな人たちが、
音を通してひとつになれるのって、ステキ。
こういうの見ると、おうち帰って楽器を引っ張りだしたくなる。
ソロで演るのもいいけど、みんなで演るのもいいなぁー。
セッションとかうらやましいけど、腕が追いついてない(汗


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/06

Jake Shimabukuro "Music Is Good Medicine" JAPAN TOUR 2008

続けざまにライブがあったこの1週間、トリはジェイクでした。
最新アルバム『 YEAH. 』は、柏木広樹さん参加で、涙もんでしたが、
そのアルバムを生で聴く機会(かっしーは、もちろん出ませんが)とあって、
朝からやけにウキウキだったりする。

お久しぶりのジェイクは、本日は「さみしそうだから」と、
メガネをかけてのライブとあいなりました。久々のメガネ・ジェイク。
だれが教えたんだか、不思議な日本語を楽しそうにしゃべって、
ニコニコ笑顔を振りまいて、超絶技巧な演奏を見せてくれました。
外はもう秋風なのに、ジェイクの周りは常夏ハワイなのだー。

全部全部楽しかったんだけど、きゅぅぅぅぅぅぅん、ってきちゃったのは、
everything is better with you でした。歌詞つきで、ジェイミンさんとのコラボ。
とろんとろんに sweet で、だれかといることのしあわせって、
きっとこんなに simple なことなんだな、ジェイクが言うみたいに。
なんて思ったのでした。

それからこっち、頭の中でずーーーっと、うろ覚えの歌詞がぐるぐるしてます。

♪You're the sugar in my coffee
 You're the milk in my tea
 You're the sunshine You're the moonlight
 Now you know my secret
 It's so simple
 Everything is better with you

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/05

NAOTO "REVERSIBLE" 2008 〜 Concert side 〜

さすがに立ちっぱなしはツライ年齢になったので Live side はパスし、
オーチャードという残響バリバリのホールでゆったりの Concert side に参加。
久々のホールでのなおちゃんでしたが、Concert と銘打つだけあり、
クラシックの曲で始まり、アンコールにもクラシックを持ってきて、
ピアノに清塚信也さん、チェロも北口大輔さんと、固めてます。

最初の最初に真っ白のお衣装のなおちゃんと黒で決めた清塚さんが出てらして、
まるで「白王子 VS 黒王子」という体裁で、思わず笑ってしまう。
その後、啼鵬くんやすごくすごい哲郎くん、竹下さんが出てくると、
ポップスなのに重厚感漂う、すてきな音楽会となりました。

そういえばこの日は哲郎くんのお誕生日だったそうで、
彼ももう30だと聞いたら、自分も年取るわけだなーー、と感慨深く。

アンコールで Sanctuary をやったとき。
後半、ライトが一斉に青になった瞬間、ステージ後ろの壁を見て、なぜか思った。

「あ、天国の扉だ・・・」

って。
そこに、まっしろな天使が舞い降りて、ヴァイオリン抱えて立ってる。
なんでそう思ったのか、すごぉく不思議なんだけど、思ったのだ。仕方あるまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/03

柏木広樹コンサートツアー2008 "pictures"

今回のアルバムは、ココロの健康状態が良くなかったせいもあって、
発売と同時に手に入れることもせず、手に入れてもしばらく聴けず。
正直に言うと、iPod に放り込んではみたものの、
ライブ当日まで、一度も通して聴かずにいたわけで。
柏木さん、ごめんなさい。。。

ところがライブに行ったあと、ヘビロテ状態です。
耳が覚えてる。ふと気づくと、心の中で歌ってる。
で、ニコニコしながら歩いてたりする。へんなの、あたし。

音楽って、人をつなげるなぁと実感したライブでした。
こんなに楽しそうに演奏する人を、あたしは知らない。
楽しそうな彼が、みんなを楽しくすることに、
この人は気づいてるんだろうかと、聴きながら思った。
彼が楽しく音楽を続けている限り、大丈夫だって思った。
何が? とは聞かないで。ただ、思っただけ。大丈夫だ、って。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/23

瀬木貴将@ナスカ展

ナスカ展に行こうとチケを手に入れたあと、
毎週金曜日には瀬木さんが太郎丸さんとライブすると知って、
これはなんとしても金曜に行かねばと決心するも、意外と出れないもんです。
というわけで、最終金曜日の昨日、無理やり会社を出て行ってきました。

時間もかなりぎりぎりで、第一展示室は、これが本来のナスカ展メインなのに、
はっきりいって素通り状態でした。横目でちらちら見る程度。
大急ぎで第二展示室のバーチャルシアターに向かったけれど、すでに人・人・人。
あっちゃぁ~~~、と思うものの、きょろきょろしたら見つかりました。
2列目センターの絶好の席がっ! あぁ、なんてラッキー!

瀬木さんは、なんだかほんとうに久しぶりでした。
相変わらずのハッピーオーラを身にまとっての登場でしたが、
最初のこれは、セッティングと音あわせだけ。
本番は6時からでした。このころには空席はないばかりか、立ち見もわんさか。

最初に、瀬木さん作曲のナスカ展のテーマを演奏されました。
おそらく、瀬木さんは初めてという方も多かったと思うのですが、
この最初の1曲で、全身を使ってサンポーニャ、ケーナを演奏する彼に、
がっちりハートをわしづかみされちゃったのじゃないかと思います。

2曲目にデザート(砂漠のほうですよ、食後の、ではなく)を演奏されて、
この次からがすごかった。なんと20分以上休みなく、次々に曲をつなぎ、
そして背後のスクリーンではナスカ上空を飛びながら地上絵をめぐるCG。
音と映像と、耳も目も、そして心も満足な、とても濃密な時間でした。
演奏がすべて終わったあと、拍手と歓声が沸いたのは言うまでもありません。

今回がラストということもあったのか、アンコールにこたえてくださって、
再びナスカ展のテーマソングを演奏してくださり、ライブは終了しました。
最後の最後、博物館のスタッフの方でしょうか、おふたり登場され、
瀬木さんに黄色いバラの花束を、太郎丸さんには赤のそれを贈呈。
ちょっと驚いた顔のおふたりが、なんだか妙に印象的でした。

うぅ~~ん、やっぱり生音っていいなぁ、、、
と満ち足りた気持ちでニコニコと家にもどると、
着替えもそこそこに自転車に乗り換え、別の場所に向かったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/24

葉加瀬太郎@NHKホール

土曜日、葉加瀬太郎のライブに行く。
夏のツアーは大阪&東京での公演がなく、
ま、そのうち来るだろうと地方公演には申し込まずにいたら、
いつもと同じ時期、同じ場所でのライブとなりました。

今回の公演は柏木さんだけでなく、啼鵬くんも、
そして柏木さんの相方、太郎丸さんもご出演で、期待大。

始まるとそこは、常夏でした。
夏のツアーのセットと衣装をそのままに、
海のような空色と、ヤシの木。
しばし外の寒さを忘れてぼぉっとくつろぐ・・・

ライブは二部構成で、一部はこの常夏の雰囲気。
そして二部は盛装で、クラシックを、葉加瀬太郎風に。
柏木さんや啼鵬くんのアレンジとのこと。
そして二部の終り近く、恒例となった柏木さんの曲では、
葉加瀬さんにご結婚を報告されて、照れ笑いの柏木さんでした。

アンコールでは、情熱大陸でお馴染みのエビぞり弾きを御披露でしたが、
そのとき隣であおりまくる太郎丸さんがかわいくって。
踊りまくりの啼鵬くん同様、目が釘付けになってしまいました。

外に出ると、そこは冬の雨。
さっきまでの常夏の空気がまるで夢のように、
クリスマスでにぎわう渋谷へと、足を運んでゆく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/22

村治香織@紀尾井ホール

木曜日は、チェロ弾きの友人に誘われて、
ギタリスト村治香織さんのクリスマスコンサートに行く。
なぜチェロ弾きが誘ったかというと、ゲストが古川展生さんゆえ。

ギタリストのコンサートは何回か行ったけれど、村治さんははじめて。
CD は何枚か持っているのですが、安定感があるという印象。
女性なので、力技というよりは繊細さ、丁寧さが、彼女の持ち味かな、と。

二部構成の最初はソロで。
ヴィヴァルディで始まったものの、その後はギターらしい曲を何曲か。
ポピュラーソングも交えて。
二部は、古川さんと。
シューベルトのアルペジオーネ・ソナタ イ短調 D.821
そして、ファリャのスペイン民謡組曲を。

二部に入って、あれ? このチェロの高音、???
と思ったものの、それも一瞬ですぐに忘れて聞き入ったのだけど、
終ってみたらツレが、チェロの弦がスチールではなくガット弦だった、と。
ああ、なるほどそれで、音が違うって思ったのだなぁ。
ギターに合わせたのでしょうか。ふだんはどうなんだろう。
ツレいわく、古川さんの師匠に当たる方がガット弦派なんだとか。

同じ弦楽器でも、チェロやヴァイオリンやビオラは、
一度出した音を弓の加減で大きくしたり小さくしたりができるけれど、
ギターは弾いたら、あとは一定の幅を保って小さくなってゆくばかり。
それが、それぞれの楽器の持ち味のひとつなんだろうと思う。

けれど、たとえばもともとヴァイオリンのために作曲された曲とか、
ギターのアレンジバージョンを弾いても、そのへんがうまく再現できない。
音が小さくなる一方と言うなら、ピアノもまた同じだけれど、
(もちろん、ギターと違って消えるまでの音の長さを引き延ばせたりはするけど、
 基本的には意図的に大きくしたり小さくしたりを自由にはできない)
ピアノは最大10の音を一度にならすことができて、
ギターの最大は6音なので、ピアノ曲のギターアレンジもまた、
なんだか音が足りてないようなことがあったりして、好きじゃない。

というわけで何が言いたいのかというと、
ギターは、自身もギターを弾く作曲家が、
ギターのためにかいた曲というのが、いちばん楽しい。

というわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/16

幸せレシピ ワインと音楽のマリアージュ @ 伊豆ワイナリーシャトー T.S

8時50分に東京駅新幹線改札口前で待ち合わせたというのに、
二度寝して目が覚めたら8時19分で、一気に血の気が失せる。

うきゃぁーーーーーーーーー

と、慌てて顔洗ってコンタクト入れて最低限の化粧をして、
そのへんに散らばってた洋服をぐぁっと着て、8時半に家を出る。
ギリギリ間に合って、ほんとにほっとした。

そんなに急いでどこへ行く?
  伊豆でございます。修善寺のちょっとさき。

そんなとこまで何で行く?
  だってNAOTOくんのライブがあるのですもの。しかもワインつき!

というわけで、行って参りました、「幸せレシピ」
最初は限定80名と聞いていたのでどうせ無理だろうと応募したツレ。
鷲神社の熊手さまのご利益かどうか、抽選を突破、めでたくチケをゲット。
応募者多数につき、最終的には110名の参加となったようですが、
全国津々浦々から集まったみなさんのなかに、紛れ込ませてもらいました。

お昼に始まったイベントは、まずは沢樹舞さんのトークショーから。
モデル時代にソムリエの資格を取ったという沢樹さんから、
ワインとの出会い、ワインと食事との関係についてのトーク。
途中からNAOTOさんも加わり、ワインと音楽と食事の「マリアージュ」のお話。

その後、沢樹さんとシャトーのソムリエの方セレクトのワインで、
おいしいお食事を堪能。デザートにはかわいらしいサンタイチゴも。
残念ながらカメラ禁止でしたので、ゴハンの写真はありませんが・・・

そして食事の後は、NAOTOさんのライブ。
ピアノ安部ちゃん、ギターは哲郎くんでした。
中伊豆の山々を背負って、明るい光の中での演奏は格別。
そのうえこちらはワインでほろ酔い気分だし(笑
そんな雰囲気なので、NAOTOさんいわく「厳かな」曲を中心に、
お客さま参加型の定番曲も交えながら、1時間ほどのライブでした。

最初は抑え気味のトーンでのMCでしたが、
そのうちにいつもの雰囲気になってゆき、最後はステージにワインも登場、
「乾杯!」の唱和で、客席とステージのグラスが掲げられました。

ライブのあとは豪華賞品の抽選会。
NAOTOさんが抽選箱から抽選券を引き、直接渡してくださいました。
あたしたちは当たりませんでしたが、みなさんホントに嬉しそうで。

そして終了後はワインとCDの販売&握手会。
ツレは白ワインを片手に、NAOTOさんに握手をしていただきました。
なおちゃんのライブはもう長いこと行っているけれど、
こうして公式的に握手の機会があったのって、ちょっと記憶にないかも。
かなり貴重なイベントだったような気がします。

さて、
その後はシャトルバスの出発までシャトー内を散策。
無料の試飲コーナーにお邪魔したり(まだ飲むかっ!)、
オーパスのコレクションを拝見して「これいくらだろう」と思ったり。
バスの発車10分前に入口に到着したら、すでに1台目は満席。
すぐに2台目が来るというので、ほんのしばらく待つことに。

そしてバスに乗り込んでぼぉーーーっと待っていると・・・

隣にすわっているツレの、「はっ!」という息を飲む音。
「へ?」っと思ってその視線の先を眺めると、
なんとNAOTOさんが助手席に乗った車が目の前に!
とたんにバスの中が騒然としまして、いやぁ、みんな腰浮く浮く。

と、運転席にいらっしゃった方がバスの存在に気づき、
NAOTOさんの注意を促します。NAOTOさんの視線がバスに移った瞬間、
バスの中の女子、みんなで思いっきり手を振るっっ!
(思い返すと、NAOTOさんから見たこの光景、ちょっと怖いかも:笑)
運転席の方はさらに窓を開けてくださり、NAOTOさんも手を振ってくださいます。
後部座席の窓も開き、安部ちゃんと哲郎さんもお顔を出してくださいました。
はからずも、お見送りをしたかっこうで、ハプニング、万歳!

その後のバスは、にやにや顔の女子を満載し、三島駅へ向かったのでした。

おはり。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

菅野祐悟@サントリーホール

14日の金曜日、菅野祐悟さんのクリスマスコンサートに行ってきました。
菅野祐悟さん、、、だれ? って思う方もいるかもしれませんが、
名刺代わりに彼の音楽を聞けば、多くの方は「あぁっ!」と思うはず。
ではヒント。

『ラストクリスマス』『アテンションプリーズ』『エンジン』
『あいのうた』『ハケンの品格』『バンビーノ』『ホタルノヒカリ』

最近では、

『ガリレオ』『SP』 そして『スマイル〜聖夜の奇跡〜』

はい、どうです?

じつは彼、作曲家です。
先のドラマ&映画の音楽は、すべて彼の手によるもの。
新進気鋭の作曲家、いままさに旬、超売れっ子作曲家さんなんですよ。

その彼が、初のライブを行うとのことで、
ちょっとしたつてをたよって聞かせていただく機会に恵まれました。
総勢25人のオケを従えて、真ん中にスタンウェイのコンサートグランド、
そしてそこに、黒を基調としたお衣装でちょっと緊張気味の菅野さん。

最初は未発表曲を中心に、後半はドラマ音楽をめいっぱい。
緊張も、指揮にピアノにMCにと忙しくしているうちに溶けたようで、
それにつれて音も動きも伸びやかに、優しく繊細に響きました。

今回はオケ編成でしたが、最小限の弦を従えて、
たとえばヴァイオリン、ヴィオラ、チェロを各1で、
ギターとベースとリズムを入れて、ラッパをゲストに迎える、
というような、バンド編成でライブをするとおもしろいんじゃないかと、
そんなふうにも思いました。

岡田くん目当てでずっと『SP』を見てるのですが、
この音楽、マジでカッコいい。
未見の方、もとい、未聴の方、ぜひっ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

SE7EN | パクヨンハ | ライブ | 日本のドラマ | 映画 INDEX | 映画・テレビ | 映画[あ行] | 映画[か行] | 映画[さ行] | 映画[その他] | 映画[た行] | 映画[な行] | 映画[は行] | 映画[ま行] | 映画[や行] | 映画[ら行] | 映画[わ行] | | 石けん生活 | 韓ドラ『12月の熱帯夜』 | 韓ドラ『いつか楽園で!』 | 韓ドラ『ごめん、愛してる』 | 韓ドラ『アイルランド』 | 韓ドラ『ウェディング』 | 韓ドラ『グリーンローズ』 | 韓ドラ『サマービーチ〜海辺へ行こう〜』 | 韓ドラ『ジュリエットの男』 | 韓ドラ『バリでの出来事』 | 韓ドラ『ピアノ』 | 韓ドラ『マイラブ・パッチ』 | 韓ドラ『ラブストーリー・イン・ハーバード』 | 韓ドラ『ローズマリー』 | 韓ドラ『ロー・ファーム』 | 韓ドラ『勝手にしやがれ』 | 韓ドラ『危機の男』 | 韓ドラ『君はどの星から来たの』 | 韓ドラ『太王四神記』 | 韓ドラ『太陽に向かって』 | 韓ドラ『威風堂々な彼女』 | 韓ドラ『復活』 | 韓ドラ『快傑春香』 | 韓ドラ『恋歌』 | 韓ドラ『愛してると云って』 | 韓ドラ『明朗少女成功記』 | 韓ドラ『星を射る』 | 韓ドラ『春のワルツ』 | 韓ドラ『波乱万丈〜Missキムの10億作り〜』 | 韓ドラ『白雪姫』 | 韓ドラ『秘密』 | 韓ドラ『雪だるま』 | 韓ドラ『雪の女王』 | 韓ドラ『雪花』 | 韓ドラ『1%の奇跡』 | 韓国ドラマ | 韓国芸能 | 韓国語のお勉強 | 音樹のモノ申す! | 音樹の雑感