2009/11/16

『悪人』

何かのニュースで妻夫木聡主演映画がクランクインしたとか、
それとも配役として妻夫木聡が決定したというニュースだったか、
とにかく妻夫木聡初の悪人役である、というくだりがあって、
それは本人が原作の大ファンで自ら名乗りを上げたとか、
そのために金髪に染めただとかと書いてあったので、
それならその原作とやらを読んでみようと図書館で借り出す。
その過程で、その人が例のヨンハが出た月9『東京湾景』の著者だと知り、
ついでと言っては申し訳ないのだが、いっしょに借り出してみた。

『悪人』 (吉田修一・著)

が、それ。
かなりの厚さがある本なのだけど、一気に読み切ってしまった。
切なく、やるせなくなるお話だった。
だれが被害者で、だれが加害者なのか、
だれが本当の悪で、だれが真実の善なのか、
もし私がテレビの前でワイドショーを見ている側になったなら、
表面上に現れることを鵜呑みにしてしまうだろう。
いや、いままで、そうして鵜呑みにしてきたのだろうと思わされる。
事実は、必ずしも真実を語っているとは限らないのだ。

原作がある映画を見るとき、原作との関わり方は3通りある。

1 映画を見たあとに原作を読む
2 映画を見る前に原作を読んで、自分の中に沈ませておく
3 原作は読まない。映画だけを楽しむ

今回、わたしは2の方法を選んだ。
来年の公開までに、物語が自分の中にうまく沈み込んでいくのを待つ。
いまのこの思いと、映画を見終えたあとの思いがどう違うか、
どう同じかを、楽しみにしながら。

映画は『フラガール』の李相日監督が撮り、増尾役を岡田将生がやるという。

岡田くんかぁ・・・

と、複雑である。ある意味、妻夫木くんの「悪人」よりも、
こちらのほうが衝撃的である。岡田くんがどう演じるのかも、楽しみ。

ところで、いっしょに借り出した『東京湾景』には驚いた。
タイトルと男性主人公の名前しか、同じじゃない。
これほど大幅な改変を、著者はよくぞOKしたのものだと思う。
原作に忠実な『東京湾景』が見てみたい。映画化しないかな。
それこそ、亮介は岡田将生くんが似合うと思う。色は白いけど。
涼子はだれかなぁー。仲間由紀恵でもいいような気がするなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/10

彩雲国物語を読んでみる

夏休みの最後のほうに図書館でふと手に取ってハマり込み、
久々に夢中になって読み続け、1か月しないで全16冊を読破しちまった。
こんな自分にちょっと呆れる。だって「少女小説」だし(笑

もう少女って年じゃ全然ないんだけど、なんかハマった。
いい男さんは出てくるけど、まぁ言っても小説だしね。
ヒロインの青さと甘っちょろさを客観的にダメ出しできる年齢だったりするんだが、
だからモロに感情移入しちゃってもうたぁいへん、みたいにはならないんだけど、
どうしてこんなに楽しく読んじゃったんでしょうか。不思議だ。

そして続きが気になるのだー。
気になりついでに某国営放送で再放送中のアニメ版を見てみたが、
これはなんかもう別の世界になってしまってて、ちょっと違った。
全部目に見えてしまうと萎えるんだなぁー。
頭の中で勝手に理想像を作り上げてるほうがおもしろいのだ。

彩雲国物語  黎明に琥珀はきらめく (角川ビーンズ文庫 46-16)

ところで、表紙は全巻こんなかんじだもんで、
さすがにこの年で電車とかバスとかで堂々とは読めなかったりして、
久々に文庫本用のブックカバーが大活躍した日々でした。

はやく続きが出ないかなぁ〜〜〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/03

『ペンギンの憂鬱』

実家に帰るとテレビのチャンネル権がないので、せっせと本を読む。
今年は1冊目からアタリでしたが、2冊目もアタリでした。春から縁起がいいわい。
ちょっとメズラシめですが、ロシア語で書かれた本ですが、
ウクライナの作家、アンドレイ・クルコフの長編です。

売れない短編小説家が、ある日、ヘンな仕事に手を染めます。
もちろん、本人はヘンな仕事だとはつゆとも思わずに始めるのだけれど。
定期的に収入が入るし、作家魂もそこそこ満足させてくれる仕事なのだが、
どうやら胡散臭いことの片棒を担いだらしいと、気づく。

彼のペットは、経営の立ち行かなくなった動物園から引きとった皇帝ペンギン。
名をミーシャというこのペンギンは、じつは憂鬱症を患っていて、
彼と、ミーシャと、預かった幼いソーニャと、そのベビーシッターのニーナと、
奇妙な家族ごっこをしながら、戦々恐々と毎日を過ごす作家。

結局、この作家はにっちもさっちもいかなくなる。
もともと人生に積極的ではない質の男だし、
ペンギンとの共通点は互いに孤独で憂鬱なことだけだったような、
自分の行動の責任を人に取ってもらうような人生だったわけだから、
だれに対しても深い関わりを持っていない。
その彼が、どうやら自分の書いたモノが何らかの形で、
だれか別の人間の生死に関わっていると知って、ビビる。
で、ビビった挙げ句に、知らないフリを決め込むのだが、
彼のそれまでの30数年の人生を考えたら、当然の結果だろうな。

ブラックなユーモアと、皮肉に満ちた観察眼がおもしろい。
どこか、村上春樹を思わせる作風で、ついつい引き込まれる。
ミーシャが、いったいどうなったのかが気になるのだ。

ペンギンの憂鬱 (新潮クレスト・ブックス) ペンギンの憂鬱 (新潮クレスト・ブックス)

著者:アンドレイ・クルコフ
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/12/31

『カイト・ランナー』

今年のアメリカでのベスト10に入ったとか入らないとかで、
来年に日本で上映される映画、『君のためなら千回でも』の原作、
『カイト・ランナー』を、予習のつもりで読んだ。

よいという話は聞いていたけれど、あまり信用もせず。
ところが、先延ばしにしていたのを激しく後悔する結果に。
これは、近年まれに見る傑作のひとつだと思う。

作者自身もアフガニスタンからの亡命米国人で、
物語はソ連に侵攻されたアフガニスタンから脱出したアミールが、
幼いころに背負った罪に苦しみながら生きる様と、
それを償うためにタリバンの支配するアフガニスタンに、
26年後、向かってからの1年を描いたお話。

この手の「罪の許しと癒し」をテーマにしたストーリーは
それほど珍しいものではないので、そこそこの予測が立つ。
ところが本作は、そのオーソドックスな展開を取りながらも、
ある時点から二転三転の展開を見せて、結末に導かれる。
いや、本当の意味での結末でも、許しでも癒しでもなく
そこへの第一歩が踏み出されて、この物語は終わる。

正直、アミールがアフガニスタンに渡ってからは、
ページをめくる手が止まらず、そのうえ涙も止まらず、
涙と鼻水でぐしょぐしょになりながらのエンディング。

先述のとおり、作者もアフガニスタン出身なので、
新聞やネットでしか見聞きしたことのないアフガニスタンの現状、
タリバンがソ連軍を追い出したときの歓喜、
その後に訪れた、期待を大きく裏切る流れが、
実にリアリティを伴って描かれている。

国を奪われ、流浪の民となって世界を彷徨わなければならないこと。
そして幼さゆえに背負ってしまった罪、その罪を引き起こした
さらに根源的な罪を、宗教と、民族と、紛争とを交えて描いています。
映画の評判もすこぶるよかったようなので、
公開になったらなんとしても見に行かなければ、と誓う。

カイト・ランナー カイト・ランナー
販売元:TSUTAYA online
TSUTAYA onlineで詳細を確認する
君のためなら千回でも(上巻) (ハヤカワepi文庫 ホ 1-1) 君のためなら千回でも(上巻) (ハヤカワepi文庫 ホ 1-1)

著者:カーレド・ホッセイニ
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

君のためなら千回でも(下巻) (ハヤカワepi文庫 ホ 1-2) 君のためなら千回でも(下巻) (ハヤカワepi文庫 ホ 1-2)

著者:カーレド・ホッセイニ
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/24

『暁の円卓』ラルフ・イーザウ

ラルフ・イーザウはあたしの無条件作家ですが、
この『暁の円卓』はさすがに大作で、本棚で眠ること数年。
というのも、「お、新作出たじゃん」と第1巻を手にしたものの、
そのあとがきで「全9巻になります」と読んだとき、ちょっと萎えた。
一気に読みたいので、全部揃うまで待ってから読もうと決めて、
それっきり、しばらく放置してしまったのでした。

さて、ようやく手に取ってみたところ、そこはイーザウ。
さすがに1か月ほどかかりましたが、全9冊を読了。

今回は1900年からの100年間、世界中の土地を舞台にして、
「世紀の子」が悪の秘密結社と戦うという物語。
実際にこの100年の間に起こった出来事を軸にして物語は進み、
さらに、日本という国が重要なキーを握るという設定で、
本を読みながら、歴史書も手に取って知識を補いつつの読書でした。

しかしイーザウのこの尽きる事無い想像力には感服。
そしてまた、筆の早いことといったら、驚くばかり。
読者としては、次々に新作が読めて嬉しい限りですが・・・

彼のこれまでの話が絡んでくるという設定にもなっていて、
まさにイーザウの宇宙から生まれたストーリーです。
こうして年代順にずっと彼の作品を読み続けていると、
自分もイーザウの宇宙の一端にいるような気がして、不思議。

暁の円卓〈9〉希望の歳月 暁の円卓〈9〉希望の歳月

著者:ラルフ イーザウ
販売元:長崎出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/21

最近の憂鬱

人生最大の憂鬱期を迎えてる。
最近は某横綱の所行から、こういうのを「朝青龍する」とか言うらしい。
ま、平たく言えば、「なんだかやんなっちゃったんだよねぇ」ってことか。
おっと、てぇことはつまり、「安倍元総理する」でもいいのか。

とりあえず会社には行ってるけれど、自分の机にはいない。
作業スペースでゆるゆる仕事してます。パソコンなくて不便だけど、
ココロの正常を優先したら、ほかに道はないもんなぁ。

というわけで、民間療法的にホットミルクを飲む日々です。
正直言うと、映画もドラマも、なぁーーーんも見たくない状態で、
借りっ放しのレンタル DVD は、いつ返却できるか予定は未定、みたいな。
録画もたまりっぱなしで、もう HD いっぱい。古いのから消さなきゃ。みたいな。

じゃ何してんだ、って話ですが、植物の世話をせっせとして、
あとは本を読んでます。本読んでると世間と隔絶されて落ち着く。みたいな。
いまのハマりものは、これ。

精霊の守り人 (偕成社ワンダーランド) 精霊の守り人 (偕成社ワンダーランド)

著者:二木 真希子,上橋 菜穂子
販売元:偕成社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

このシリーズは、知ったときには完結していて、
ハードカバーで10冊もあったので、いまいち手が付けられずにいたのが、
シリーズが完結したために順次文庫化され始めて、
それに伴ってひらがながだいぶと漢字にされて読みやすくなり、
それなら、と重い腰をあげたわけです。
文庫が出るのを順番に読むつもりだったのに、気づいたらハマり、
図書館で続きを借りまくり、ようやくシリーズ6作まで読み終えたところ。
残りあと4冊です。がんばるぞー。

よいファンタジーというのは、世界に歴史があり、宗教があるのです。
『指輪物語』しかり、『ゲド戦記』しかり。
読むのはそんな歴史のほんの一部なわけですが、その前後に、歴史が見える。
そしてその壮大な歴史には、独自の宗教が息づいている。
べつに宗教でなくてもいいのだけれど。確固たる軸がありさえすれば。
でも、何にもブレない、一貫して貫かれている思想は、宗教色を帯びるものです。

さて、最初はおもしろいと思って読み始めたファンタジーが、3冊も読むと
飽きることがあるけれど、そういったシリーズにはたいがい歴史や宗教がない。
底が浅いというか、子ども騙しというか。
『ハリー・ポッター』なんか、あたしの中ではその典型だ。
日本で紹介される前に1作目を読んで「すわっ!」といきり立ち、
知り合いに勧めまくっていたのがまるでウソのように、
いまは惰性で映画だけを見る、ってかんじだもんなぁ・・・

ところで『精霊の守り人』にハマりついでに、土曜朝の BS でのアニメ放送、
先週はつい見ちゃったよ。もう佳境でんなぁ。続きもアニメ化されるのかしらん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/08/22

『眠れない夜には星を数えて』吉野朔実

気が向くとふいと手に取る本に、吉野朔実の『眠れない夜には星を数えて』がある。
タイトルだけ聞くとどんなにロマンティックなんだろう、ってかんじだけど、サニアラズ。
吉野朔実さんは漫画家さんですが、彼女のエッセイです。
ついでに言うと、ロマンティックからは、かなぁり遠いところにある。

今日も今日とて、ついトイレに行く前に手に取っちゃって、
気の向くままにページをガバって開く。と、「背負い牡蠣」のとこが出てきた。

この「背負いなんちゃら」というのは、曰く
あるモノについて、人間には一生涯で食べられる量というのが決まっていて、
その量を食べちゃったら、どんなにすきでももう食べられないっていうの。
牡蠣がすごぉくすきだった人が、牡蠣にあたったあと全然食べられなくなったって、
そんな話をしたら、「背負い牡蠣を食べちゃったんだね」って言われた、と。

あたし、なんか最近「背負い生のトマト」を食べちゃった気がする・・・

生のトマト、昔はすきでよく食べてたのに、それこそ丸かじりしてたのに、
ここ数年は、なんか体が異様に冷える気がして好んでは食べない。
スープとか卵とじとか、トマトソースはすきでよく食べるし、
ケチャップに至ってはものっすごいすきで、フライドポテトとか、
ケチャップをすくうのにポテトを使ってます、くらいな感じだったりもして、
マヨラーに対抗してケチャッパーだって言うと、友だちから

「なんかケチャッパーってバカっぽい」

とか言われたりしてちょっとへこんだりするんだけど、生はイマイチ。
寿司も、同じ理由であまり食べない。冬場に食べると寒くて震えるんだもん。

でねでね、これを突き詰めていっちゃうと、
食べ物以外でも「背追いなんちゃら」とかありそうだなぁと思うわけ。
極端な話、生まれた瞬間に心臓が何回打つかっていうのが決まっていて、
その数を打ち終わっちゃったら死んでしまうのかなぁ、とかって。

そしたらきっと、背追い韓国ドラマとかもあって、
韓ドラを一生分見ちゃったら、もう何も見たくなくなるかも、とか、
背追い恋愛とかもあって、一生で恋愛できる回数は決まってるのかも、とか、
あ、これがあるなら背追い結婚とかもあって、これはゼロはやだけど、
1っていうのがいちばんいいんだろうなぁ、とか、背追い歩数とかもあって、
一生分を歩いちゃったら寝たきりになっちゃうのかなぁ、とか、
そしたらふだん、あんまり歩かないほうがいいなぁ、とかさ。

あ、あたしきっと、背追いミステリー小説を読んじゃった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/20

『雲の階段』渡辺淳一

ハンジヘなんかが出てる『雲の階段』が DVD になったと何かで見て、
あぁ、そういえばこれって原作は日本の小説だったよなーーと思い、
ちょっと読んでみようかなと図書館で予約したら渡辺淳一だった。

彼の小説はちょくちょく映画化とかドラマ化とかされてるけれど、
正直食指が動かず、これまでは何ひとつとして読んでなかったんだけど、
「用意できましたよ」って図書館から連絡来たし、借り出してみる。

タイトルは思いっきり韓ドラ風だとか思ったけど、
それは単に『天国の階段』のせいだろうな。あぁ、単純。

お話の内容は、高校を出てぶらぶら水商売なんかしてた男が、
ふらっと住所だけは東京都の島の病院に事務で勤めることになって、
行ってみたら検査技師やらレントゲン技師の仕事を任され、
そのうち院長直々の手ほどきを受けて手術とかまでし出す。無免許で。

で、あるとき島に遊びに来てた女子大生が腹痛で運び込まれてきて、
たまたま院長は本土に行ってて留守で、どうやら彼女は子宮外妊娠で、
いますぐ手術しなけりゃ死んじゃうよ、ってことになる。
意を決して彼は手術に挑み、なんとか彼女の命だけは助けることができた、と。

で、その女子大生っていうのがじつは東京の大病院の娘で、
ワガママでスノッブなんだけどめちゃめちゃいい女で、
彼はころっと恋に落ちちゃう。看護婦と深い仲だっていうのに。
彼女のほうも、まあ命を助けてもらったのだから悪い印象はなくって、
姉妹しかいないからいつかは婿養子をもらわないといけないんだけど、
気に入らない男よりは彼と結婚したほうがいいかなぁ、なんて思う。

でもまぁ、彼は医師免許がないわけで・・・

ってなかんじの話でした。

上下巻あったんだけど、あっというまに読んだ。
まぁ、おもしろいっちゃぁおもしろかったかな。
ともかくすらすら、何にも引っかからずに読めるんだね、これが。
だってぜんぶ書いてあるから。状況も心情も、ぜんぶ書いてあるの。
主人公の彼が、こう思った、ああ思った、そうすることにした、
さらに加えて、思うにこれこれだったに違いない、とか、そんなことまで。
だから、文字通り受け取ればいいのね。書いてあることだけ考えときゃいい。
行間読むとか、だれかの気持ちになって想像してみるとか、しなくていいの。
なのでスラスラ読めるんだけど、なんだか感情移入はできないのね。
シンクロしないんだ、だれにも。

あれ?

でもおもしろかったよ。
ドラマむきだよね。手術シーンとか、愛憎シーンとか、たくさんあるし。

でもなんか、もうおなかいっぱいだから、ドラマは見なくていいかなぁ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/08/17

『バウンダーズ〜この世で最も邪悪なゲーム』ダイアナ・ウィン・ジョーンズ

植木の水やりで一瞬だけ家に戻ったすきに、持って帰ってきた本。
この暑い中、フローリングにごろりんと横になり、
日陰を探して部屋中をごろごろ移動しながら読んだ。

いやぁこれは、児童文学じゃぁないでしょう、と思う。
難しい、とても難しい。頭で理解しようとするからかな。
感覚で理解するんだろうか、子どもは。

ジョーンズ作品の中では風刺色が強いというか、
国の在り方や政治の在り方なんかを、大人としては思い浮かべてしまう。
子どもにとってはワクワクの冒険譚でしかないのかもしれないけれど。

どちらにしても、大人向けのお話だった気がする。
ジョーンズ作品の中でも、やや異色なジャンルかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/15

『見えざるピラミッド』ラルフ・イーザウ

先週の金曜日から数えて、この時間(ただいま夜の10時)に酔っぱらってない日は
えーーーーーーと、えっとね、えぇぇと、1日???

白状します。
金曜日に暑気払いをして、土曜日にカレーパーティーをして、
日曜日に実家に帰ってきて、それから日月と飲み続けて、
昨夜ようやく、本日午前に父が胃カメラだったこともあり、少し自粛。
あ、つまりちょっとは飲んだわけですが、ま、そこそこ素面で、
だもんで今夜は言ってみれば「異常なし万歳宴会」とでも申しましょうか。

お盆だもんで、実家に帰ってきたんですよ。
あたしは友人といればそこそこ飲むほうだとは思うんだけれど、
実家に帰ってくるといちばん弱い人と化してしまい、
真っ先につぶれるというか、つぶされるというか・・・

わかりやすくいうと、飲み続けたんだね、この数日。
べつに昼間っから酔っぱらってたわけじゃないんだけど、
なぜか月曜の『君はどの星から来たの』の録画に失敗したーーー。

もひとつ言うと、実家に帰ると母が休暇となります。
つまり、すべての仕事があたしに回ってくることとなり、結果、
日曜の午後からこっち、庭木の水やり→風呂掃除→夕ご飯の支度→後かたづけ、
朝ご飯の支度→後かたづけ→庭木の水やり→掃除→洗濯→昼ご飯の支度→後かたづけ→
高校野球→夕ご飯の買い出し→庭木の水やり→夕ご飯の支度→後かたづけ→

エンドレス・・・・・・

テレビのチャンネル権などないわけです。父と母は有無も言わさず高校野球。
本を持ってきて正解でしたね。少なくともその間、現実逃避できちゃうし、
だいすきなイーザウの新刊を、なめつくすように楽しみました。
記録的な猛暑もなんのその、フローリングに寝転がって、至福ですよ。

でも上下巻の分厚いの、3日で終わっちまった。
週の後半、どうすりゃいいんだぁぁぁぁ。


Book 見えざるピラミッド 上―赤き紋章の伝説 (1)

著者:ラルフ・イーザウ
販売元:あすなろ書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

SE7EN | パクヨンハ | ライブ | 日本のドラマ | 映画 INDEX | 映画・テレビ | 映画[あ行] | 映画[か行] | 映画[さ行] | 映画[その他] | 映画[た行] | 映画[な行] | 映画[は行] | 映画[ま行] | 映画[や行] | 映画[ら行] | 映画[わ行] | | 石けん生活 | 韓ドラ『12月の熱帯夜』 | 韓ドラ『いつか楽園で!』 | 韓ドラ『ごめん、愛してる』 | 韓ドラ『アイルランド』 | 韓ドラ『ウェディング』 | 韓ドラ『グリーンローズ』 | 韓ドラ『サマービーチ〜海辺へ行こう〜』 | 韓ドラ『ジュリエットの男』 | 韓ドラ『バリでの出来事』 | 韓ドラ『ピアノ』 | 韓ドラ『マイラブ・パッチ』 | 韓ドラ『ラブストーリー・イン・ハーバード』 | 韓ドラ『ローズマリー』 | 韓ドラ『ロー・ファーム』 | 韓ドラ『勝手にしやがれ』 | 韓ドラ『危機の男』 | 韓ドラ『君はどの星から来たの』 | 韓ドラ『太王四神記』 | 韓ドラ『太陽に向かって』 | 韓ドラ『威風堂々な彼女』 | 韓ドラ『復活』 | 韓ドラ『快傑春香』 | 韓ドラ『恋歌』 | 韓ドラ『愛してると云って』 | 韓ドラ『明朗少女成功記』 | 韓ドラ『星を射る』 | 韓ドラ『春のワルツ』 | 韓ドラ『波乱万丈〜Missキムの10億作り〜』 | 韓ドラ『白雪姫』 | 韓ドラ『秘密』 | 韓ドラ『雪だるま』 | 韓ドラ『雪の女王』 | 韓ドラ『雪花』 | 韓ドラ『1%の奇跡』 | 韓国ドラマ | 韓国芸能 | 韓国語のお勉強 | 音樹のモノ申す! | 音樹の雑感