2007/12/06

せんちゃんが N.Y. へ

せんちゃんこと大江千里は、あたしの「帰る場所」です。
あたしの細胞のひとつひとつは、せんちゃんの「ことば」でできていて、
あたしの判断の基準も、漢字の使い方も、ぜんぶせんちゃん仕様で、
「きみ」を「君」と書かないとか、「あう」は「逢う」だとか、
そゆの全部、せんちゃんなんだよ。じつは。

ここはあたしの帰る場所で、どんなに浮気したって、
かわらずに彼はそこにいて、振り返ると、
とりわけクリスマスに振り返ると、きっとそこにいるんだよ。

そのせんちゃんが、お休みに入ります。

今夜、家に帰ったらその知らせが来ていて、
一瞬愕然となったあとに、噛み締めるように、くり返した。
あたしたちはきっと、笑顔で、「いってらっしゃい」
そう送り出さなくちゃ行いないんだって、そう思った。

思っただけじゃない。

くり返し読んだら、そうするのがいちばんだって、そう思った。

どれくらい待ったらいいのかなんてわからない。
でも、せんちゃんの決心が固いのはわかった。
そして、思った。

あたしにとって帰る場所がせんちゃんだったように、
せんちゃんにとっても、帰る場所は「大江千里」なんだ、って。
だから、それはそこに変わらずあるから、だから、
だから「飛ぼう」って思えるんだ、って。

クリスマスはもうすぐ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/17

That's the "Rock."

毎回見るともなしに見てる『英語でしゃべらナイト』ですが、
今夜のゲストはギタリストのマーティ・フリードマン。
めっちゃ日本語うまいっす。ヘビメタな彼が J-POP にはまり、
幼いころに影響を受けたのが美空ひばり、都はるみ、八代亜紀・・・

その彼からのメッセージが、英語学習が目的になるな、
あくまでも英語は手段であれ、でした。
英語を学ぶことそのものが目的になってはダメ、
英語で何がしたいか、という手段でなければ、
単なる暗記に終始してしまうから、と。

この火曜日のハングル講座がたまたま『Sad Movie』で、
ウソンがインタビューを受けていて、韓国語学習者に
「あなたはすごいことをしてるんですよ。がんばって」
というような趣旨のことを言っていたのですが、
きょうの『英語で〜』と相まって、なんだか痛感しました。

韓国語の勉強を始めてはや3年目に突入して、
それなりに語彙も増えたし、映画やドラマも字幕があれば半分は聞き取れる。
でも、当初の目標の「字幕なしで映画」はちっとも達成できてないし、
そもそも、2年以上勉強しているとはとても言えない会話力。。。
それなりに会話を勉強する機会を設けるようにはしてるけど、
それにしたってあまりにもお粗末ないまの力を痛感したわけです。

ということもあり、目的を持って、ちゃんと勉強に励もう、と。
で、やっぱり映画を字幕なしで見るのが最終的な目標に変わりなく、
これからの1年は、それを最大限に達成すべく努力しよう、と。
まずは単語の補充をしなくちゃ。

と思った夜なのでした・・・



| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/08/21

『僕の、世界の中心は、君だ。』 朝は楽しく!

今朝の『朝は楽しく!』では、ソニンが同映画のロケ地を訪ね、
テヒョンしぃとソンヘギョにインタビューしてました。
ほかの番組とはちょっと異なる視点で、なかなかにおもしろかった。
「セカチュー」にかけて「ピカチュー」のプレゼントはすべってたが。。。

最近は、ひしひしと自分の韓国語の進歩のなさを実感してるので、
ちょっと勉強がてら、発言など書き留めてみることに。

映画最後近くの台風のシーンを撮影した船着き場で、
「純愛とは?」という質問にフリップを使って答えるふたり。
そもそもフリップに書いてるときから、めちゃ照れてるテヒョンしぃ。
♪이러는 내가 정말 싫어〜♪(こんな自分がいやぁ〜)と歌って、
なにやら照れ具合をごまかしてるような。。。

ヘギョちゃんの答えは王道でした。
「한사람만 영원히 사랑하는 것!」(ひとりの人だけを永遠に愛すること)

対する、でれでれのテヒョンしぃはというと。。。
「예전엔 → "믿음"    지금 → "집사람"」(昔は→信じること 今は→妻)

へへへぇ、と笑いながら、それでも言い訳するテヒョンしぃ。
「じゃないと離婚ですよ」と言うテヒョンしぃは、
このときまだ結婚3週間後でした。うんうん。

このフリップを含めて、サイン入りプレスシートなどなど、
プレゼントとなっておりました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/03/15

座右の銘

NHKの『ハングル講座』を毎回見るともなしに見ているのですが、
今回は映画『僕らのバレエ教室』のピョンヨンジュ監督のインタビューがあり、
座右の銘をこう答えていらっしゃいました。

걱정하지 마, 난 잘 안 될 거야.
(心配するな、私はうまくできないんだから)

できると思うと気負っちゃうから、気楽にやろう、
みたいな意味でおっしゃっているんだと思いますが、
これを聞いて、つい最近、親しい友人から贈られたことばを思い出しました。
これがなんとなく、最近のあたしの座右の銘になっている気がする。。。

それはなにかと言いますと、
マニピュレーターの nang-chang さんのおことばだそうですが、

「気にするな、気になるから」

というものです。
そもそも飛行機嫌いのあたしが仕事で飛ばなくちゃいけなくて、
空港に着いただけですでにへこんでしまうくらい飛行機がイヤなんですけど、
それを嘆いたあたしに、先のことばを贈ってくれたのですね。
おかげで気楽に飛行機に乗れた、ということは全然なくって、
ヤなものはやっぱりヤで、恐怖を抱えて飛んだことは間違いないのですが、
それでもこのことばは頭のどっかに引っかかっていたんです、飛んでる間ずっと。

だいたい飛んでる間ずっと「気にするな」って思ってる時点で
すっごい気にしてるってことなんですけどね。。。

でも、これって真理だなーーーと思ったデスよ。
「気にしたら、気になるんだ」って。
気にしなきゃ、気になんないってことでしょ?
というわけで、これを呪文のように唱えると、不思議と開き直れる今日この頃。
しばらくは、座右の銘として君臨しそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

SE7EN | パクヨンハ | ライブ | 日本のドラマ | 映画 INDEX | 映画・テレビ | 映画[あ行] | 映画[か行] | 映画[さ行] | 映画[その他] | 映画[た行] | 映画[な行] | 映画[は行] | 映画[ま行] | 映画[や行] | 映画[ら行] | 映画[わ行] | | 石けん生活 | 韓ドラ『12月の熱帯夜』 | 韓ドラ『いつか楽園で!』 | 韓ドラ『ごめん、愛してる』 | 韓ドラ『アイルランド』 | 韓ドラ『ウェディング』 | 韓ドラ『グリーンローズ』 | 韓ドラ『サマービーチ〜海辺へ行こう〜』 | 韓ドラ『ジュリエットの男』 | 韓ドラ『バリでの出来事』 | 韓ドラ『ピアノ』 | 韓ドラ『マイラブ・パッチ』 | 韓ドラ『ラブストーリー・イン・ハーバード』 | 韓ドラ『ローズマリー』 | 韓ドラ『ロー・ファーム』 | 韓ドラ『勝手にしやがれ』 | 韓ドラ『危機の男』 | 韓ドラ『君はどの星から来たの』 | 韓ドラ『太王四神記』 | 韓ドラ『太陽に向かって』 | 韓ドラ『威風堂々な彼女』 | 韓ドラ『復活』 | 韓ドラ『快傑春香』 | 韓ドラ『恋歌』 | 韓ドラ『愛してると云って』 | 韓ドラ『明朗少女成功記』 | 韓ドラ『星を射る』 | 韓ドラ『春のワルツ』 | 韓ドラ『波乱万丈〜Missキムの10億作り〜』 | 韓ドラ『白雪姫』 | 韓ドラ『秘密』 | 韓ドラ『雪だるま』 | 韓ドラ『雪の女王』 | 韓ドラ『雪花』 | 韓ドラ『1%の奇跡』 | 韓国ドラマ | 韓国芸能 | 韓国語のお勉強 | 音樹のモノ申す! | 音樹の雑感