2006/07/01

『ロー・ファーム』(第4話)

レンタルで見てたときは、ここまでで挫折してました。
というわけで、今回も、前の記事を転載します。

☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆

結局、チームをふたつにわけて、どちらの依頼も引き受けること。
土地買収はチャングンとジン。サラ金はヨンウンとチョンア。
相変わらずぶつかってばかりい るチャングンとジン。
生意気で自信たっぷりなチャングンに、もともとお嬢さまで
人に指図されるのが嫌いなジンがなじめないのも当たり前。

サ ラ金担当のヨンウン。
被害者が拉致されたとの知らせを受けて事務所に乗り込みますが、
サラ金社長の罠にはまって警察に逮捕、裁判となります。
その弁護を 引き受けたのがジン。
ジンはマスコミを味方につけて有利に進めますが、最後の最後、
裁判官に何かひとこと、と促されたヨンウンは、
「同じ状況になったら同 じことをする」と言ってしまいます。。。

☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆


ジンがどうもすきになれない。。。顔も、しぐさも。

反対に、チョンアがすっごくいい。
『ガラスの靴』ではいっつも眉間にしわ寄せてたキムジホが、明るくて素直でちょっと抜けてて、だれもが好感をもつ天真爛漫なチョンアにこんなにはまるななんてちょっとびっくり。

すきじゃない人にとってはかなり嫌みな男を演じてるジソプですが、
あたし的にはすっごいいーです。かわいさ炸裂。いちいちかわいい。
カラオケで歌いまくってるシーンなんてもう、ムダにかわいーんだ、これが。

た だのわがまま末っ子ボウズが、これでもかーこれでもかーと好き勝手言って、
にーちゃんとねーちゃん(スンホンしぃとキムジホね)は
「しょーがないなぁ」と ため息つきながら見てる。
でも年の近いジンねーちゃんはいちいちしゃくに障ってぶつかってばかり。
けどたまに見せる素直なとこには、ついほっぺ をほころばして笑っちゃう。
って、そんなかんじかな。
うーん、派手なシャツを着なくなっちゃったのがちょっと残念だけど。

だけどいちばん問題なのは無鉄砲で直情型の長男だよな。
せっかく優秀な妹がお膳立てしたのに、ちょっとのウソもつけないんだから。
どーすんだよ、ほんと。。。

☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆

と、前回は書いてましたが、そういえばカラオケシーンなかったな。
オープニングでは、ちょろっとそのシーンが映っていたけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/24

『ロー・ファーム』(第3話)

以前に途中まで見ていた『ロー・ファーム』の第3話が放送されたので、
その分の記事を転載しておきます。
心がちょっと離れてきてたようで、かなり簡素です(笑


☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆

M&Aの契約を結局は取れなかった法村は、早くも解散の危機に。
まず金第一主義のチャングン(ソジソプ)がいっちぬっけたーって出て行きます。
で、次に自分勝手なお嬢さま、ユンジン(ソジョン)が、チャングンに我慢できないっ!と、気まぐれなネコのようにぷいっと出ていってしまいます。
残ったのはパクジョンア(キムジホ)とハントンニョン(ピョンウミン)だけ。

そ んなチャングンに、ジンの父親の事務所に勤めるイジュンソク(イジョンウォン)が目をつけて、引き抜きにかかります。
が、当のチャングンは「目玉をあげ る」って書類に拇印を押しちゃった例のサラ金社長に捕まっちゃいます。
かけつけたチュンヨンウン(ソンスンホン)の男気に惚れ込んだ社長、
45億を15億 にまけてくれます。
この15億をなんとかしないことには事務所も辞められないチャングン。

ジンも、結局はヨンウンに惚れてる弱みで戻ってくるわけで、
事務員も二人入社して、新たにスタート。
最初の仕事として、チャングンが受けてきた土地買収の訴訟を受けるか、
トンニョンと同じアパートに住む男のサラ金地獄を救うか、
二者択一に迫られます。

☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆


このときは、なんで心が離れていっちゃったのかというと、
せっかく法律事務所のお話で、M&A とか出てくるし、
それまでの韓ドラとは一風違ったかんじかなと期待が募っただけに、
この3話ではヨンウンを巡ってのユンジンとチョンアの争い(といっても
一方的にユンジンが先手を打って、チョンア押され気味ですけど)が
やたらと目について、なんだ、やっぱりふつうの韓ドラか、
とか思ったからなんだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/10

『ロー・ファーム』(第1・2話)

ずいぶん前に最初の数話を見て止まっちゃってた『ロー・ファーム』が、
TVK で放送開始です。続きはなにげに気になってたので、迷わず視聴。

当時は『ガラスの靴』を見た流れでジソプ目当てで見ていた感がありましたが、
いま見てみると、シムジホくんと『緑の椅子』で共演したソジョンや、
『真実』のシニのおとーさんやら、けっこう目につきますね。
いやいや、、、こゆのに気づくたび、韓ドラ中毒な自分に我に返ります。。。

それに当時は気づかなかったけれど、ジソプの名前がキャラそのまま。
彼は若いけれど有能で、それを鼻にかけるところもあるけれど、
けっこうおこちゃまな部分もあって、そこがかわいい末っ子キャラでしたが、
彼の名前がチャングン。これ、「将軍」と同じ音を持っています。
韓国ではよく跡取り息子のことを「将軍」と呼んでかわいがりますが、
(『初恋』でもペヨンジュンの甥っ子は「将軍」って呼ばれてましたし)
ジソプのキャラをじつによく表した名前だったんですね、気づかなかった。

というわけで、前回の視聴分ではこんなレビューを書いてました。
いちおう、1話と2話を見たあと、2005年5月15日の感想です。
2話を視聴されてない方、ネタバレありますんでご注意ください。


☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆

『白夜』も見終わったことですし、
さっそく次のドラマ、『ロー・ファーム 法律事務所』に。

主演はソンスンホン。でも目当てはソジソプ。
出演陣はこんなかんじ。クレジット順です。あ、みなさん職業は弁護士。

ソンスンホン:
 チュンヨンウン:正義感の男。「法律より拳」という熱血漢。
イジョンウォン:
 イジュンソク:ヨンウンのライバル。元同僚。弁護を仕事と割り切る冷徹さ。
ピョンウミン:
 ハントンニョン:弁護士界でもっとも優しく、もっとも無能の男。
キムジホ:
 パクジョンア:「法より人」という人情弁護士。明るくがんばりや。
ソジソプ:
 チェジャングン:最年少。有能だが、金がすべてという打算的な男。
ソジョン
 ユンジン:大手法律事務所の典型的なお嬢さま。わがままし放題。でも有能?

熱血漢のヨンウンは6歳の子どもを暴行、殺害した男の弁護を法廷で拒否、
事務所を飛び出し、自ら事務所を開設しようと知り合いに声をかけまくります。
集まったのは先輩のハントンニョン、学校時代の同級生パクジョンア、ユンジン、そしてチェジャングン。

さっ そく香港の会社のM&Aを担当するべく奔走しますが、
大手事務所のイー&ユンと一騎打ちとなります。このイー&ユンには
ヨンウンの前事務所の同僚 イジュンソクが引き抜かれています。
ジュンソクは野心家で、経営者の娘、ユンジンと結婚したいと望んでいますが、
当のジンはすきな人、つまりヨンウ ンの事務所に就職しています。
けれどヨンウンをすきなのはジンだけではなく、ジョンアもまた。。。

債権者との話もつけ、労働組合も話し合いのテーブルにつくという約束を得、
契約にこぎ着けたかのように見える新事務所「法村」ですが、
ジンの父親は国会議員を使ってイー&ユンと契約をするように圧力をかけます。

☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆


2話までは、かなりいいです。ってか、すでにハマりつつあります。
お もしろーい。キャラ設定がはっきりしてて、個性あふれる面々が集まった法律事務所がこれからどんなふうに戦っていくのか、期待大です。
すでに女性ふたりが スンホンしぃ演じるヨンウンに想いを抱いているのがわかっていますが、あまりメロに寄らないでほしいなぁと、それだけが心配です。

イジュ ンソク演じるイジョンウォンは、こないだ『悲しい恋歌』に出てること、『裸足の青春』で情けないヤクザを演じてたってことを書きましたが、
その彼と『裸足 の青春』で対決する検事の息子で同じく敏腕検事を演じていたピンウミンが、やっぱり対立事務所に、でも今度はとっても情けない、気の弱い、でも心根は とっても優しい弁護士を演じてるのがおもしろい。

ジソプとキムジホも、このあと『ガラスの靴』で共演してますね。
キムジホはジソプの惚れるソヌ(キムヒョンジュが演じてます)の姉役。
あのときはソヌがいなかったら絶対に出会ってはいない境遇のふたりでしたが、
今回は同じ事務所の同僚役っていうのもおもしろい。

でももっともおもしろいのは、そのジソプです。
いやー、今まで『ガラスの靴』やら『バリでの出来事』で見せていたのとはまっっったく違う役で、ファン的にはかなりうれしい。
ってか、もう茶化してしまいたくなるくらいで。

「世 の中お金がすべてと思っている」とだけ書くと
すっごいイヤなやつというイメージしか浮かばないかもしれませんが、
そこはそれ、コミカルな要素を前面に出し て、
「憎めないキャラ」に仕上がってます。最年少っていうこともあって、
わがままで自分勝手なことばっかり言ってるけど、
じつは甘えん坊でなんか放ってお けないっていう、
兄弟がたくさんいる家族の末っ子ってイメージかな。
スンホンしぃは「しょうがないなぁ」と言いつつ、
かわいい弟をうまぁーく操ってるって かんじ。

今回はねー、髪染まってます。茶色にメッシュ入り。
けっこう長髪で、見た目「チャラ男」くん。あるいは「ナルくん」。
どっちでもたいしてかわりないけど。

でも何よりすごいのは、ジソプの衣装ですよ、衣装。
この2話ですでに青、赤、緑の三色のストライプのシャツを着ちゃってます。
細いストライプじゃないのよ。左肩から斜めに走るストライプで、
色の数もストライプの幅もランダムで、ハデハデっちーのこの上ないという。

でもって、「あ、無地のシャツも着るのね」と思って見た若草色のシャツですが、
羽織った上着は生成り色。一段濃い生成りの細いピンストライプのスーツ!!! 
参ったね。。。リゾートかっつーの。
で、だめ押しで真オレンジシャツに真オレンジストライプのネクタイ。
スーツがダークグレーでよかったよ。でも鞄はヴィ○ンだったけどね。。。

ど うしちゃったんだろう。
だれだよ、これ選んだのと、聞いてみたいです、ほんと。それともなにかい?
『バリでの出来事』でインソンくんがハデハデ衣装を着 てたのがうらやましかったのかね。
あ、逆か。こっちのドラマのほうが先だったわ。ってことは、
インソンくんがジソプの衣装をうらやましがって真似したの かっ!(←間違い)

次回も、うりジソプのお衣装が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

SE7EN | パクヨンハ | ライブ | 日本のドラマ | 映画 INDEX | 映画・テレビ | 映画[あ行] | 映画[か行] | 映画[さ行] | 映画[その他] | 映画[た行] | 映画[な行] | 映画[は行] | 映画[ま行] | 映画[や行] | 映画[ら行] | 映画[わ行] | | 石けん生活 | 韓ドラ『12月の熱帯夜』 | 韓ドラ『いつか楽園で!』 | 韓ドラ『ごめん、愛してる』 | 韓ドラ『アイルランド』 | 韓ドラ『ウェディング』 | 韓ドラ『グリーンローズ』 | 韓ドラ『サマービーチ〜海辺へ行こう〜』 | 韓ドラ『ジュリエットの男』 | 韓ドラ『バリでの出来事』 | 韓ドラ『ピアノ』 | 韓ドラ『マイラブ・パッチ』 | 韓ドラ『ラブストーリー・イン・ハーバード』 | 韓ドラ『ローズマリー』 | 韓ドラ『ロー・ファーム』 | 韓ドラ『勝手にしやがれ』 | 韓ドラ『危機の男』 | 韓ドラ『君はどの星から来たの』 | 韓ドラ『太王四神記』 | 韓ドラ『太陽に向かって』 | 韓ドラ『威風堂々な彼女』 | 韓ドラ『復活』 | 韓ドラ『快傑春香』 | 韓ドラ『恋歌』 | 韓ドラ『愛してると云って』 | 韓ドラ『明朗少女成功記』 | 韓ドラ『星を射る』 | 韓ドラ『春のワルツ』 | 韓ドラ『波乱万丈〜Missキムの10億作り〜』 | 韓ドラ『白雪姫』 | 韓ドラ『秘密』 | 韓ドラ『雪だるま』 | 韓ドラ『雪の女王』 | 韓ドラ『雪花』 | 韓ドラ『1%の奇跡』 | 韓国ドラマ | 韓国芸能 | 韓国語のお勉強 | 音樹のモノ申す! | 音樹の雑感