2006/07/08

『波乱万丈〜Missキムの10億作り〜』(第15・16話)

かけっこで決着? それあり?


☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆

突然の電話で融資を取り下げることを告げてきたチョ社長。
じつは、事故を録画したビデオテープがあるとウギョンに脅されていたのです。
ヨンフンに問いただされてもしらを切るウギョン。
ヨンフンは、急場をしのぐようにと、
留学用に貯めていた貯金をウンジェに渡します。

当座の資金はどうにかなり、冷暖房システムもヨンフンに任せ、
ウンジェは自分の担当、デザインをどうするかで頭を悩ませますが、
ムヨルのひとことにヒントを得、家族が楽しめる場所をコンセプトに据えます。

撮影ビデオを手に入れようとウギョンの会社に忍び込んだチョンジェは、
ウギョンが事故を撮影したテープなどないと電話で話すのを聞きます。
これには裏がある。そうにらんだチョ社長は、ウギョンを騙しつつ、
ウンジェの力になれる方法を模索し出します。

プロジェクトに没頭するウンジェとヨンフンを眺めながら、
自分には何もできることがないと落ち込むムヨル。
ウンジェに本当に必要なのはだれなのか、そればかりを思います。

ある夜、ムヨルを飲み屋に連れ出したヨンフンは、
ウンジェには自分が必要だとムヨルに告げます。
そのままふたりは酔いつぶれ、翌朝、ヨンフンは胃腸炎で病院に。
飲めないヨンフンに酒を飲ませたこともあり、ウンジェの怒りが爆発。

ますます、自分はウンジェの邪魔ばかりしていると落ち込んだムヨルは、
冷暖房システムの実験が成功したことを機に、家を出ていくことに決めます。
名残惜しく会社に立ち寄ったムヨル。とそこに、数人の屈強な男たちが。。。

データを納めた CD-R と図面を探す男たち。ムヨルは咄嗟に CD-R を隠します。
探すものが見つからず、男たちはムヨルに殴る蹴るの暴行を加えます。
翌朝、出勤したウンジェとヨンフンは、ケガを負ったムヨルを発見します。

ウギョンの仕業に違いないと踏んだウンジェ。
問いつめに会社まで出向きますが、逆に脅されます。
これ以上プロジェクトを進めるなら、ムヨルを保証できないと。

ウギョンが自分の安全と引き換えにウンジェを脅したと知ったムヨルは、
父親が親しくしていた会社の社長に会いに出かけ、取引を申し出ます。

ムヨルの生命の安全と仕事とを天秤にかけることはできないと、
ウンジェは資金難を理由にして、会社をたたむことを社員に告げます。
それを聞いたムヨルは、自分は大丈夫だから仕事を進めるように言います。

ウンジェとムヨルがどれだけお互いを思いやっているかを目の当たりにし、
ウンジェの気持ちに自信が持てなくなったヨンフン。
ウンジェの家を訪ねますが、酔ったウンジェの代わりにムヨルと話すことに。
駆けっこをして、負けたほうが潔く身をひこう。
そう言って走り出したムヨルでしたが、彼の心はその前に決まっていました。
プロジェクトが成功するまでそばにいるが、そのあとはウンジェを頼むと、
そう言うムヨルを驚いたようにヨンフンは見つめます。

ヨンフンの提供した資金も底をつきかけたころ、
大家さんが資金提供を申し出てくれます。
その金を使い、デザインを完成させたウンジェは、コンペに挑みます。
家族をコンセプトにしたウンジェの会社のデザインは、
画期的な冷暖房システムの効果もあり、見事コンペで勝利します。
その喜びにひたる中、静かにその場を去るムヨル。

ムヨルの姿が見えないことに気づいたウンジェは、半狂乱で彼を捜します。
家にもどり、荷物がなくなっていることを確認して泣き崩れるウンジェ。
ついてきたヨンフンに、ウンジェは言います。
「パクくんがいないとちっともしあわせじゃない。
 だからお願い、パクくんを探して。パクくんを探してよ。。。」

そのころ、ウンジェのためにできるのはもうこれだけだと決心したチョ社長は、
警察に出頭し、ウギョンの指示で自分が行ったことをすべて告白していました。
警察は会社に出向き、ウギョンを緊急逮捕します。

ムヨルの父と親しかった会社社長に呼び出されたウンジェ。
子会社になるという条件で、資金の提供を申し出され、
そしてコンペで勝ったらそうしてくれと頼んだのがムヨルだと知るウンジェ。

ウンジェのもとを去ったムヨルは、街で写真を撮り歩いています。
ムヨルを探して街を歩くウンジェとすれ違いながら撮った写真が、
家族がテーマのコンテストで金賞を受賞したことも、
ウンジェは知らないまま。

ウンジェの心がムヨルにあると知ったヨンフンは、留学を決めます。
ウンジェに、きっとムヨルを探し出せと言い残して、ヨンフンは去ります。

ムヨルの父親の出所の日。
感動の再会をするムヨルの両親を、微笑ましそうに見守るムヨル。
そしてそのムヨルを、同じように優しい目で見つめるウンジェ。
けれどムヨルが振り向いてみせると、ウンジェは急に怒っているフリ。
いままでの家賃を払ってもらってないわ、と。
「お金がないなら、払えるまで家にいてもらおうかしら?」
立ち去るウンジェを、笑顔で追いかけるムヨル。
「ミス・キムの行くところ、パクくんあり、さ」

☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆


いやいや、おもしろかったデス。
もともとキムヒョンジュはすきな女優さんだったし、
パクコニョンも『ダンサーの純情』見て気になってたし、
あたしの知らないチジニもいたし、で。
そして影の主役(勝手に命名!)チョ社長とその部下チョンジェも、
かなぁ〜〜〜〜〜りイケてました。

いちおう悪役もいるんだけど、最後の最後で、
たんに自分の気持ちを素直に表すことのできない寂しい人だったんだ。。。
と思って、なんだかむしろかわいそうになっちゃったし。
彼女、仕事も必死だったし、恋も不器用だっただけで、
やり方を間違っちゃったけど、だからといって許されるわけじゃないけど、
どうにもならない八方ふさがりの状態に入っちゃったんだなぁ、とね。

パクコニョン的には、ちょっと情けない役ではあった気がしますが、
こゆことの積み重ねが、いまの彼を作ってるのかも。。。と思い直す。

何にせよ、軽く見れて、おおいに笑えて、
あたし的にはとても楽しいドラマでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/02

『波乱万丈〜Missキムの10億作り〜』(第13・14話)

『危機の男』がようやく終わったので、こちらも再開。


☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆

ウギョンの頬を叩いて糾弾したウンジェを待っていたのは、解雇。
けれどそれよりも彼女にとってつらいのは、ヨンフンに誤解されたこと。
家も、金も、男も、そして仕事までも失ったウンジェ。

ムヨルの始めた仕事は、浮気調査でした。危険は付き物ですが、実入りはいい。
これは商売になりそうでしたが、麻薬捜査を妨害することになってしまい、
結局この道も閉ざされます。
再びアルバイト生活を始めるふたりですが、生活は苦しくなるばかり。

そのウンジェを見守るパク社長でしたが、ある晩、
花屋を妨害したのも屋台に火をつけたのもパク社長の仕業であり、
そしてそれを依頼したのがウギョンだと、ウンジェに知られてしまいます。
ふたたび、ウンジェの闘争本能に火がつきます。

みなが思いつくようなことでは10億を稼ぐことはできないーーー
ポンギュのアドバイスもあり、ウンジェは考えをしぼります。
そして、ウギョンの会社が建設を予定しているショッピングモールの
コンペティションに応募しようと考えます。切り札は、ヨンフン。

画期的な冷暖房システムさえあれが、コンペで勝てる可能性があがるーー
すでにウギョンの会社と契約の切れたヨンフンなら、協力が可能です。
ウンジェはヨンフンに会いに出かけ、彼を説得しようと試みます。
けれどその気にならないヨンフンに、ウンジェはつい、
ウギョンが影で糸を引いていたのだと告げてしまいます。

疑惑を抱いたヨンフンは、ウギョンがパク社長と会う予定と知ると、
あとをつけます。そして喫茶店で、彼女が再びパク社長に仕事を依頼し、
断られるのを聞いてしまいます。
荷物をまとめて出ていくヨンフンを、ウギョンは止められません。

ヨンフンは、ウンジェの依頼を受けます。
ウンジェはまた、パク社長に投資を持ちかけ、資金も調達します。
会議中、ウギョンにケンカを売って会社を辞めてきたジヒも加わり、
会社組織として、新しい挑戦が始まります。

ウンジェの動きを調査していたウギョン。
金の出所を探るうち、パク社長に辿り着きます。
そのパク社長は、ウンジェとの投資契約を交わす約束の夜、
部下のチョンジェを首にしたため、慣れない運転で人をはねてしまいます。
社長が心配であとを追っていたチョンジェが身代わりを申し出たとき、
黒い車が一台、すっとチョンジェの運転する車の前に分け入ってきます。

翌日ーーー
コンペ参加の申込書を持参したウンジェに、パク社長から電話が入ります。
投資資金を引き上げる、と。

☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆


ヨンフンが荷物をまとめてるのを止めようとするウギョンが、
ウンジェを苦しめるようなことをなぜしたのとヨンフンに問われて、
こともあろうか「あなたのせいよ」と宣ったのには驚いた。
謝ろうよ、謝り続けようよ、こういう状況では、ねぇ。

ヨンフンが、仕事上とはいえパートナーになって、おもしろくないムヨル。
いちいちつっかかって、端から見ればバレバレだというのに、
ウンジェにだけは気持ちが通じてません。
でもそのウンジェも、ヨンフンに緊張してる自分を不思議がってます。
前は緊張なんて全然しなかったのに、って。いい傾向です、はい。

前に、ムヨルが父親の面会に行ったとき、入れ違いに訪れてたおじさんが、
ウギョンの会社の役員のひとりだと発覚しました。
しかもこのおじさん、社長のやり方に好感をもってない。ワンマンだ、って。
これがあとあと、どう絡んでくるのかが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/25

『波乱万丈〜Missキムの10億作り〜』(第11・12話)

とうとう家を手放すことになってしまいました。。。
これで、それまで足止め喰ってたいろんなことが動き出す、、、かな?


☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆

やけどを負ったのはムヨルではなく、爆発を仕掛けた張本人でした。
事故とはいえ、ケガを負わせてしまったという事実はかわりません。
ムヨルは警察に拘束され、被害者の家族から示談金を要求されます。
けれどこれはすべて仕組まれたこと。裏にはチョ社長がおり、
示談金の金額もムヨルの家の値段から借金を引いた額を元にしています。

ウンジェが窮地に陥っと知ったヨンフンは、ウギョンに助けを求めます。
ウギョンはウンジェに、二度とヨンフンに会わないという条件で、
ムヨルを釈放させるか、示談金を出すか、どちらかを選べと言います。
最初はどちらも拒むウンジェですが、ムヨルに前科がつくことを考え、
結局はムヨルを釈放してもらうことを選びます。

冷暖房システムの開発に失敗したヨンフンは派遣勤務を解かれます。
けれど実は、ウンジェと会わせたくないウギョンが決定したことでした。

示談金を用意するあてのないムヨルは、家を売る決心をします。
借金を返して残った金額は1億7千万ウォン。示談金は2億2500万ウォン。
残りの5500万ウォンを払えずに、被害者家族につきまとわれるムヨル。
それを知ったウンジェは、家の保証金を崩してその金を返済します。

新しい入居者が来る前に引っ越す部屋を探すことのできなかったウンジェは、
大家さんの計らいで、地下室に間借りすることを許されます。
また、ムヨルは写真スタジオに居候することにします。
別れの日、「5分だけ」と言ってウンジェを抱きしめるムヨル。

ムヨルの家を手に入れたウギョンは、ヨンフンとの結婚を急ぎます。
日取りが決まったことを知ったウンジェは、ショックを受けます。
結婚式の前日に戻れたら自分と結婚すると言ったヨンフンのことばを、
ウンジェは信じていたからです。

ヨンフンを訪ねて、愛していないなら結婚してはダメと言うウンジェ。
そこに訪れたウギョンが言います。「それでもいい。私が愛しているから」

アルバイトを掛け持ちしてもまとまった金は稼げないと、
ムヨルは危ない仕事に手を出します。
ウンジェと話し合いたいと家の前で待っていたヨンフンは、
ケガをして帰ってきたムヨルに駆け寄るウンジェを見て、
そっとその場を去ります。

ウンジェは、新しい施設のデザイン担当をまかされます。
残業を重ねてプレゼン用の資料を完成させますが、
会議当日の朝、ファイルも資料もすべて、削除されていました。
前日の夜遅く、ウギョンの姿を見かけたことを思い出したウンジェは、
ウギョンのゴミ箱からプレゼン用の資料を見つけます。

資料を投げつけてウギョンを罵るウンジェ。
そうやって、ヨンフンも仕事も自分から奪おうとしているウギョンを、
ウンジェは相手にする価値もない人間だとなじります。
けれど居合わせたヨンフンは、ウンジェを素通りしてウギョンの元へ。。。

☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆


ヨンフンのあの自己主張のなさというか無気力さというか、
それを見てると、どうしてウンジェもウギョンも彼にこだわるのか、
いまいち納得できない気もするけれど、顔がパクコニョンなので、
心情的にはどうであれ、やっぱり許せてしまう自分がいる。。。

ウンジェは、なんとなくムヨルを受け入れているなぁと思ってたけど、
ヨンフンが結婚すると聞いて泣いてすがったりするところを見ると、
ムヨルのことはほんとに何とも思ってないのか、
それとも、端から見たらバレバレなのに自分で気づいてないだけなのか。。。

ところで、今回は謎がいくつか提供されまして、
次回以降の展開が期待されます。
曰く、

ムヨルが手を出したっていう危ない仕事ってなに???
そして、ムヨルのお父さんに面会に来た謎の人物はいったいだれ???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『波乱万丈〜Missキムの10億作り〜』(第9・10話)

パクコニョンの出番が増えてきたのはうれしいけれど、
とどのつまり、それは話がこんがらがる、ということで。。。


☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆

コンテストで大賞を受賞したウンジェは、昇進してデザインチームに復帰。
辞めるつもりだったはずの会社で、ヨンフンと顔を会わせることが増えます。

花屋をたたんだふたりは新しい商売を模索しますが、今回は屋台に決定。
フルーツのシロップがけを串に刺したものを売ることにします。
その屋台を手伝うポンギュに、ジニがやけに親しく接します。
ムヨルの気を惹くためと知っていても、うれしくて仕方ないポンギュ。

ある日、ムヨルは屋外でのウェディング撮影で、
ソアという名の花嫁と出くわし、死んだ兄が果たせなかったことに、
「ソアと海に行くこと」「ソアとキスすること」があったと思い出します。
落ち込んだまま屋台に出向いたムヨル。
話を聞いて、慰めようとウンジェはムヨルの頬にキスをします。

デザインチームの社員旅行の宿泊先が見つからず、
ウンジェはムヨルの家の別荘を借りて宿泊代をもらうことを提案します。
その夜、飲み過ぎたウンジェが外で涼んでいると、ムヨルがやってきます。
酔ったウンジェは、ヨンフンをすきだけど、パクくんもすきよ、と。
それを聞いたムヨルは、ウンジェを引き寄せ、キスします。

翌朝、なかったことにしようと言うウンジェに、ムヨルは不機嫌に。
何を言っても機嫌を治してくれないムヨル。
ウンジェは何が原因なのかわかりません。

家を手に入れてくれるはずが、なかなか進展できなチョ社長を、
ウギョンが急かします。最後の手段に出ることを決意するチョ社長。

ムヨルの気を惹くために自分とデートしてくれるーーー
それに気づかないフリをしていたポンギュですが、
つらくなるばかりの自分の心に正直に、ジニを忘れる決心をします。
ジニは、ポンギュをひどく傷つけていたことに気づきます。

ある夜、屋台の近くに車を止めてウンジェを見守るヨンフンの姿が。
関係ないのだから帰ってくれと言うムヨルに、ヨンフンが問います。
「ウンジェをすきですか?」
少し躊躇して、ムヨルは答えます。「ミス・キムがすきだ」

ヨンフンの開発してる冷房システムの試験運転の日。
社長以下、ウギョン、ウンジェの見守るなか、テストは失敗に終わります。
初めての挫折を味わったヨンフンは事態から逃げ出しますが、
そもそも自分がどこかで道をあやまってしまったのではないかと不安になります。

ヨンフンが心配になって、ウンジェは電話をかけます。
以前よく行った店で会ったふたり。ヨンフンは正体なく酔っぱらいます。
彼を送ろうと店を出たウンジェですが、そこに電話が。

屋台が家事になったと聞き、駆けつけたウンジェ。
野次馬が「若い男が全身火だるまになった」と言っているのを聞いて、
ウンジェは病院に駆けつけます。

☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆


人にも仕事にも関心がなくて、興味があるのは宇宙のことだけ。
そう言っていた、そして自身、そう信じていたヨンフンが、
あれ????? って思い始めました。おそいっつーーーの。

今回は、ムヨルもウンジェに気持ちをわかってもらえなくて落ち込んで、
ポンギュも自らジニに諦めるからって宣言して落ち込んでて、
そこまで自覚症状はないにしろヨンフンも含めて、三人が三人とも、
想いが想い人に伝わらないことをひどく嘆く回でしたね。

ムヨルは前途多難気味。
でもポンギュは、突然自分に関心を示さなくなった彼に、ジニが
「またわたしのことをすきになって」とプライド投げ打って頼んだりして、
こちらは一筋の光がすーーーっと差し込んでるかんじ。

それにしても、また2話でお店がなくなってしまいました。
10億たまるのはいったいいつのことになるのでせう。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/18

『波乱万丈〜Missキムの10億作り〜』(第7・8話)

ミス・キムとパクくんのきもちが、こんがらがってきました。
しかし、閉店ですかぁ。短い命だったなぁ。


☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆

ウンジェの異動先は資料課。新設の課です。課員はウンジェひとり。
つまり、ウンジェは体よく干されたわけですが、「自分から辞めてほしい」
ウギョンのそのことばを聞き、絶対に辞めないと誓うウンジェ。

店は相変わらず妨害にあっています。
工事は続き、ウンジェの知らないところで激安の花が売られています。
ウンジェたちも露天で売ってみますが、警察に取り締まられうまくいきません。

売り上げが激減し、このままでは賃貸料が払えないと、
ムヨルはウンジェに内緒でアルバイトを始めます。

昼食中に社長の視察があり、それに伴っていたヨンフンにも、
自分がひどい場所に追いやられていることを知られて落ち込むウンジェ。
その夜、店に向かう道すがら、例の花売りのおばさんをみつけ、
大げんかになってしまいます。派出所に連行されるふたり。

なんとかムヨルに連絡を取ろうとしたウンジェですが、
ムヨルは市場でのアルバイト中で、携帯に出ることができません。
思いあまったウンジェは、ヨンフンに電話して迎えに来てもらいます。

惨めなきもちで店まで送ってもらったウンジェ。
ムヨルとジニがいちゃいちゃしているのを見て、ウンジェの怒りが爆発します。
ムヨルもまた、ウンジェがヨンフンとデートしていたと思い、怒ります。
とうとうウンジェは、店を閉めるから、家からも出ていけと言います。

怒りに任せてムヨルを追い出してしまったことを、さっそく後悔するウンジェ。
ムヨルもまた、後悔しているものの、プライドのために頭を下げられません。
けれどそれ以上に、ムヨルはあることに気づいてしまい、戻れないのです。

会社にいてもヒマで仕方ないウンジェは、
環境デザインコンテストに応募しようと、作品を作り始めます。
また夜には、カフェでアルバイトを始めます。

そんなある夜、ウンジェが帰宅すると家が荒らされていました。
近所で頻発する空き巣の被害にあったのです。
ちょうどそこに、ムヨルが残した荷物を取りに戻ってきます。
本当はよりを戻したいのに、顔をあわせば憎まれ口になってしまうふたり。
翌朝、ムヨルは残りの荷物をまとめて出ていきます。

その中に、ウンジェのコンテスト応募作品が紛れ込んでいました。
ムヨルはウンジェには何も言わず、その作品を応募会場に持参します。

ウンジェは店の権利を売り、保証金を取り戻します。
そのうち2000万ウォンはムヨルのもの。彼に返そうと連絡しますが、
ムヨルはその夜、金が工面できずに別荘を引き払う決心をし、
母親を迎えに行っていました。
それを知ったウンジェは、チョ社長とムヨルを喫茶店に呼び出し、
12時を回る直前、自分のぶんの保証金とあわせて5000万ウォン、返済します。

今回返せても、次回は返せるかどうかわからないーーー
そう思ったムヨルは、なぜ金を貸してくれたのかとウンジェに問います。
ウンジェは、あの家をウギョンに渡したくなかったから、と答えます。
意を決して、ウンジェは言います。
「家に戻って。私ひとりじゃ家賃を払えないでしょ」

翌朝。
辞職願いを書いたウンジェ。と、ウンジェに吉報が舞い込みます。
彼女の作品が、コンテストで大賞を受賞したというのです。
お祝いにと社長に食事に招待されるウンジェ。
そこに、社長に呼ばれたウギョンが現れます。

☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆


あっという間にお店をたたむことになってしまったけれど、
考えてみれば花屋で5000万ウォンずつの返済は無理っぽいもんなぁ。
次は何をやってくれるのかなぁ、という期待も生まれますね。

ウギョンのほうも、なんかお金が足りなくなってるみたい。
けっこう優良な株を売って、天文台の資金に充ててます。
証券会社の人に工事をのばしたら?って言われたら、即答で「No」。
彼女もまた、金の切れ目が縁の切れ目だってわかってるんだろうなぁ。
じゃなきゃ、ウンジェを窓際に追いやって辞めさせようなんて思わないだろうし。

お互い、相手をほのかぁ〜に意識してることを認識したので、
この先の展開が楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『波乱万丈〜Missキムの10億作り〜』(第5・6話)

ウギョンが焦ってきましたが、資金力があるぶん、いぢわるもすごい。
これじゃ庶民派代表ウンジェは太刀打ちできないです。


☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆

しばらくはウンジェの会社で仕事をすることになったウギョン。
会いたくないと思っても、食堂やエレベーターで、ウギョンに出くわすウンジェ。
ウギョンは社内ではウンジェは結婚したことになっていると知り、
それをヨンフンにも伝えます。

ウンジェに恋したチョ社長は、彼女を食事に誘います。
けれどこれには裏がありました。
ウンジェのいないすきに花屋を破壊しようという計画です。
けれどチョ社長と話すうち、彼とウギョンとの関係を察したウンジェは
その場を去って店に向かいます。折しも破壊を開始しようとしたその瞬間、
ウンジェは店に飛び込みます。ヤクザ相手に啖呵を切るウンジェ。
店の外に到着したチョ社長は、そっと子分を引き上げさせます。

ある日、終業後に会社の前で、ウギョンを迎えにきたヨンフンに、
ウンジェがばったり鉢合わせてしまいます。
送って行くと言うウギョンに、ウンジェが「迎えが来るから」と断ると、
そこに自転車に乗ってやってきたムヨル。
その夜、食事の後にアイスクリームを食べるヨンフンを見て、
ウギョンは以前、ヨンフンがこう言っていたのを思い出します。
「憂うつなときには甘いものがいい」
そのときも、ヨンフンはアイスクリームを食べていました。

ヨンフンがまだウンジェに未練があると心配でならないウギョン。
婚約式で花を用意する店を、ウンジェのところに指名します。
そうとは知らず、高額の報酬の仕事が舞い込んだことで張り切るウンジェ。

ウギョンとヨンフンの婚約式当日。
式が始まって、いちばん大事なバラの花を飾り忘れたことに気づくウンジェ。
こっそりと式場に忍び込んだウンジェが見たのは、壇上に座るるヨンフン。

ひどく打ちのめされたウンジェを見て、何かと世話を焼くムヨル。
そして、彼女が泣いているに違いないと思い、
家を訪ねずにはいれなかったヨンフン。

ムヨルがウンジェに優しいのが気に喰わないジニ。
「夫婦なんだから仕方ないよ」と言うポンギュのことばを聞いて、
怒った勢いでふたりが本当は夫婦ではないことを彼に言ってしまいます。

ある日を境に、花屋に不利なことが立て続けに起こります。
店の前の道が工事中になり、すぐ近くに激安の露天の花屋が出店し、
ネット店舗に悪質な書き込みがされ、配達直前の花束がキャンセルされます。
すべて、チョ社長が仕組んだことでした。

天文台の建設を開始したものの、別荘をなかなか手に入れられず、
ウギョンはチョ社長に急ぐようにと催促します。
チョ社長がウンジェに好意を寄せていることを突き止めたウギョンは、
そのことで仕事が遅れているのではないかと彼にイヤミを言いますが、
逆に、チョ社長からもイヤミで押収されます。

ヨンフンが婚約式の翌日にウンジェに会いに行ったーーーーー
チョ社長のことばに、ウギョンは表情をこわばらせます。
折しもその日、社員面接でウンジェと会った際に、彼女にも言われたのでした。
「婚約したからと油断は禁物ですよ。
 結婚式の当日にも考えを変える男ですから」

翌日、ウンジェに異動の辞令が出ます。

☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆


婚約式を祝う花を用意させられてしまったーーーー
元気印のウンジェでも、これは相当堪えたろうなぁと。
いつもは憎まれ口を叩くムヨルも、ウンジェの落胆ぶりには心配そうで。
そればかりか、異動までさせられちゃうんだから、へこむよなぁ。
ただでさえ、店は妨害を受けてるわけだから。

ウンジェは、父親が外に生ませた子どもなんだそうです。
家族とも呼べない、他人でもないという不安定な関係にいたから、
自分だけの家族がほしいと、ずっと思ってきたんだそうです。
だから、将来の夢は「主婦」。ヨンフンに出会って、この人だと思った。
それで、ほかの女を選んで去ったヨンフンにこだわっているんだ、って。

それにしても、相変わらずヨンフンがわかりません。
婚約式の翌日にウンジェと会って、彼女に聞かれるままにこう答えてる。

「しあわせ?」「思ってたほどじゃない」
「ときどき、私のこと考える?」「思ってた以上に」

どうなんですか、これは。
純粋なのか、ウソがつけないのか、無神経なのか、それともバカなのか。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/11

『波乱万丈〜Missキムの10億作り〜』(第4話)

! 開店!
なんだかお祝い続きですが、今回、とうとうお店が開店です!


☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆

「気分はどう? かつての婚約者がほかの男と手を組むのは」
ウギョンに聞かれたヨンフンは答えます。
「かつての婚約者がほかの女と敵に回ったんだ。これでおあいこさ」
「気にしてない」 ヨンフンは言います。
そしてもう一度、「気にしてないさ」と。

翌朝、ウンジェはムヨルに食事の提供を申し出ます。ーー月5万で。。。
魚の煮付けを作ったウンジェに、ムヨルは魚は嫌いだと言います。
実家でお母さんが好物だと言っていたじゃない、そう言うウンジェに、
魚が好物だったのは死んだ兄さんだと答えるムヨル。

朝のアルバイトだけではどうにもならないと、ふたりは夜も働きに出ます。
ジニの働くバーで、ムヨルは駐車係、ウンジェは皿洗いを始めます。

ヨンフンとの結婚を真剣に考えるウギョンは、叔父とヨンフンを引き合わせます。
会社に必要な人材とはわかっていても、結婚は別の話。
そう考えるウギョンの叔父は結婚に反対しますが、
ウギョンは持ち株分で事業の進行に反対するほどの覚悟があると告げます。
人に言われるままに生きた人生に、彼女なりに決別しようとしているのです。

3つの仕事を掛け持ちするふたりですが、体力的にひどくきつい割に、
収入はそれほどパッとしないーーー。肌もあれ、鼻血まで出し、
ウンジェはこのままではらちがあかないと、商売を始めることにします。

まずはフランチャイズを狙い、調査を始めますが、どこも元手不足。
くたくたに歩き回って収穫ゼロのふたりに、ポンギュがアドバイスします。
そうして検討に検討を重ね、ふたりが選んだのは「花屋」でした。
専門性が不要なので人件費が抑えられ、ネット上での販売展開も可能。
こうして、『ミス・キム・フラワー』が開店します。
ムヨルを狙うジヘも、そのジヘを想うポンギュも、店で働き始めます。

ようやく10億への一歩を踏み出したウンジェですが、
本業である親環境設計事務所が業績不振のため、吸収合併されることに。
合併責任者として現れたのが、ミョンボン建設のウギョンでした。

☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆


相変わらずケンカの絶えないミスキムとパクくんですが、
ポンギュがいい緩衝剤の役目をしてるかんじ。
冷めた口調でぽそっと言うアドバイスが、いちいち役に立ってる、というか。
そんなクールなポンギュが、ジヘの前だと年相応の男の子になっておかしい。

ムヨルが、ちょっと変わってきたのがステキです。
バーで、以前いざこざのあった男性客にバカにされて、
車にガソリン入れて来いだとか、ガムを1こ買って来いだとか言われて、
怒りを抑えて言われた通りにしたあと、たぶん、いままでの自分はこうやって
他人に屈辱を味わわせていたんだな、って反省するのね。
ウンジェもその一部始終を見ていて、たぶんこの件もきっかけのひとつで
商売をやろうって思ったんじゃないかな、と。
その男性客の頼んだフルーツ盛り合わせに、流しのゴミ受けから拾った
トマトを乗っけちゃうのは、ウンジェなりの復讐です(かわいっ♪)

今回も、チョ社長がおいしかったデス。
牛乳代金の集金に出向いたウンジェが、ヤクザ風の男に代金を踏み倒されて、
悔しさに団地のベンチでオイオイ泣いていると、チョ社長が駆けつけるのね。
で、事情を聞いて、そのヤクザ風の男の家に子分を大挙して押し掛けさせて、
牛乳代金をウンジェのおうちに届けさせちゃう。
じつは影で見てたムヨルもその男の家に行ったんだけど、
思いっきりぼこぼこにされちゃってたという。

クールな子分その1に、チェ社長が言い訳がましく言ったところによれば、
ウンジェは「死んだ妹に似てる」そうだけど、直後に映った写真を見ると。。。

そして今回も、ヨンシムの真意がはかりかねる。
ウギョンに叔父を紹介されて、たぶんかなりイヤな思いをさせられて、
帰りの車で「わかってあげて」とウギョンに言われたら、
「僕がわからないのはウギョンさんだ。どうしてそこまで僕にこだわるのか」
なんて、ほんとにわかんないよ、っていう顔で言うんだよね。
でも別荘からの帰り道では「気にしない」って2回言ったし。
2回も言われたら、聞いたほうは「気にしてるんじゃ?」って思わない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『波乱万丈〜Missキムの10億作り〜』(第3話)

祝! チーム結成!
いやぁ、ますますおもしろくなってきました。
ただいまのお気に入り第1位は、チョ社長。


☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆

行くあてがないと転がり込んできたムヨル。
最初は追い出したものの、ウギョンがムヨルの実家を狙っていると聞き、
ウンジェは仕方なく、月20万の家賃でムヨルの居候を許します。
けれど同居生活が始まると、浪費癖の染みついたムヨルの無神経さに
ストレスで爆発寸前のウンジェ。

チョ社長はムヨルとその周辺人物の財務状況を調べます。
その過程でウンジェを間近で見た彼は、ひとめで恋に落ちてしまいます。

写真スタジオでの仕事だけでは借金を返す目処がたたないムヨルは、
ウンジェが牛乳配達している同じ地区で新聞配達のアルバイトを始めます。

破産のためにムヨルの周りから女性の影が消えたのは、ジニには好都合。
ここぞとばかりにムヨルにアタック開始。
ある日ムヨルを家まで送ってきたジニを見て、ポンギュはこれまた一目惚れ。

ジヒの結婚式に参列したウンジェ。挙げられなかった自分の式を想い、
こらえきれずに席を外します。カメラマンとして式に来ていたムヨルは、
ウンジェの傷がとても深いことを察します。
式のあと、彼女をなぐさめようとどこかへ行こうと言うムヨルに、
ウンジェはムヨルの実家に行きたいと言います。
もしウエディング写真をそこで撮っていなければ、
ヨンシムはその場所に天文台を建てたいとは思わず、
天文台を建ててくれると言うウギョンに走ったりしなかったかも。。。
そうつぶやくウンジェに、ムヨルはかけることばがありません。

ムヨルの実家で、彼の好物だという魚の煮つけをごちそうになるウンジェ。
しばらくすると、そこにウギョンとヨンシムが下見にやって来ます。
ムヨルを見つけたウギョンは言います。
「持ちこたえられるのは2か月とみましたが。何が得か、よく考えて」
ムヨルが答えるより先に、かけつけたウンジェが宣戦布告。
声に驚いて振り返るヨンシムに、ムヨルが紹介します。
「おれの味方の、キムウンジェだ」

☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆


相変わらずキムヒョンジュがかわいい♪
でこぼこコンビながら、ようやくチーム結成です。
ミスキム、パクくんと呼び合うふたりが、はたして10億を稼げるか。。。
お金儲けのお話が、ようやくスタートですね。

主役ふたりも思いっきりコメディキャラですけど、
周囲も相当におもしろいキャラなのが、お話をさらにおもしろくしてます。
個人的には、ムヨルの父ちゃんが借金したチョ社長がすき。
ウンジェに一目惚れして、かっこつけて車に乗り込もうとして、
デコを思いっきり車の屋根にぶつけたシーンでは、思わず手を叩いて笑うーーー

しかし、ヨンシムの真意がわかりません。
お金のないウンジェから金持ちのウギョンにほいほい乗り換えたのだから
それなりに野心のあるところを見せるかなーーと思いきや、
なんだかウンジェにも半分くらい無関心、というかんじ。
なんとか彼女を繋ぎ止めておこうという努力は、ひとっつもしてない。
「会社の人たちが僕を身の程知らずだって」って、まるで他人事みたいに言う。
何を考えてるんだかなーーー。

そういえば、『ジュリエットの男』出演陣が、もうひとり出て来ました。
ウギョンのおじさんで、同社の社長役の人。
『ジュリエット〜』ではデパートの役員のひとりでした。
このおじさんは、こういう地位のある、品のあるアジョシ役でよく出るなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『波乱万丈〜Missキムの10億作り〜』(第2話)

チジニの印象って、まじめで実直ってかんじだったんだけど、
このドラマの彼って、それとはぜんぜん違う。。。
こんな役もやるんだなーーーと、感心しちゃう。
個人的にはこっちのほうがすきかも。。。

☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆

頼み込んで、新居披露の日に夫役をムヨルに引き受けてもらうウンジェ。
けれどお調子者のムヨルはあることないことしゃべりまくり、
同僚たちにいらぬ誤解を植えつけてしまいます。

アフリカへの撮影旅行の準備をするムヨルの電話が鳴ります。
父親が事業に失敗し、多額の借金を抱えたまま逮捕されてしまったのです。
母の様子を見に別荘に向かうと、そこには別荘を担保に金を貸したチョ社長。
亡き長男ムジンの思い出のつまった家を奪われるかもしれないーーー
倒れた母のため、なんとかして家を守りたいと決心するムヨル。

家を売り、ベンツを売り、ハーレイを売り、なんとか当座をしのぐムヨル。
けれど次の期日までに金が用意できなければ、家は人手に渡ってしまいます。
出版社を辞めていたムヨルは仕事を探しますが、評判最悪の彼に、どの会社も門前払いを喰わすばかり。
先輩を頼ってやっと見つけたのは、結婚写真を専門に撮る小さなスタジオ。

ヨンフンの誕生日の日。
ウンジェはふたりでよく出かけた喫茶店に向かいます。
仲の良かったころの写真をみつけ、涙ぐむウンジェはトイレに駆け込みます。
出てきたウンジェが見たのは、ヨンフン。
けれど目を離したすきに、ヨンフンはどこかにいなくなっています。

自分がまだヨンフンを想っていること、
そしてヨンフンもまた、自分を想っているから店に来たのだと、
そう確信したウンジェは翌朝ヨンフンを訪ね、こう告げます。
「諦めない。あなたのためにお金を稼ぐわ」

ある日、公園での結婚写真撮影に出かけたムヨル。
カップルの女性は、ウンジェの同僚ジヒでした。
ジヘは、ムヨルが研究者の職を失業したのだと誤解します。

ウギョンはヨンフンのため、山の上の家を手に入れようとします。
その家こそ、ムヨルの母が住む別荘でした。
家を売ってくれと持ちかけるウギョンに、ムヨルは売るつもりはないと断ります。
ウギョンの隣に座るヨンフンに、ムヨルは見覚えがある気がしてなりません。

スタジオで、ムヨルは破談になった男との結婚写真をほしがっている女がいるとの話を耳にします。何気なくその写真を見ると、それはウンジェと、
そしてウギョンの隣に座っていた、見覚えがあると思った男でした。

ポンギュに経済のなんたるかの講義を受けながら家に戻ったウンジェは、
大家のフェテクと酒を酌み交わすムヨルの姿を見て驚きます。

☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆


こういうチジニもいいけれど、こういうキムヒョンジュもとてもすき♪
もともと少しコメディ入った役が似合う女優さんだと思うのだけど、
ドラマでは比較的深刻で、薄幸な役の多かった気がします。
その彼女が、元気で打たれ強くて、でも泣き虫で、、、
という役を演じてるのが、なんだか見ていてすごーーーーく楽しいです。

ヨンフンを諦めきれなくって、彼の興味あることを理解しなかったことを反省して、でもなぜか「お金を貯めれば戻ってくる!」って確信しちゃうところが、
単純だけどかわいらしいです。

でもウンジェ。
イチゴの件では、きみは損をしていると思うよ。
すっかりポンギュに納得させられちゃっているけどさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/10

『波乱万丈〜Missキムの10億作り〜』(第1話)

もともとキムヒョンジュはすきな女優さんで、
本作も見たいリストの上位にあったのですが、
やっとレンタル開始になりました。

意図したわけではないけれど、『ジュリエットの男』とはチジニ繋がり。
と思ったら、あらあら、知った顔が続々と。。。
これはもしや、SBS 繋がり???

メインキャストを整理しようかなと思い、
登場人物相関図でもないかしらんとネット上を探してみたけど、
なんだかうまいことひっかかってこない。
仕方ないので本家本元のサイトをちょろっと見てみました。

キムウンジェ(キムヒョンジュ)
 28歳。しっかり者。夢ばかり追い生活能力に欠けるヨンフンに、
 結婚式当日にドタキャンされる。

パクムヨル(チジニ)
 26歳。出版社に勤める。が、家が裕福なので仕事はちゃらんぽらん。
 女性と見れば声をかける遊び人。

ユヨンフン(パクコニョン)
 30歳。研究員。星を見ることが何よりもすき。結婚式前日、ウギョンに
 天文台を作ってあげると言われ、手紙1枚でウンジェを捨てる。

ソウギョン(キムソンリョン)
 30歳。ヨンフンの働く会社の社長の姪。ヨンフンをすきになり、
 結婚式前日にヨンフンの夢をエサに「結婚をやめて」と頼む。

キムフェテク(シング)&イクッスン
 ウンジェがヨンフンとの新居として借りた家の大家夫婦。
 フェテクは節約が生き甲斐。クッスンはおしゃべり。

ポンギュ(ポンテギュ)
 フェテクとクッスンの息子。父譲りの節約家。

ハンジヒ(チョウンスク)
 ウンジェの同僚。結婚間近。

チニ(ホンスヒョン)
 ムヨルの行きつけのバーの店員。ムヨルに想いを寄せいている。

☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆

しっかり者のウンジェは建築会社に勤めるOL。
3年つき合ったヨンフンとの結婚を間近に控え、しあわせいっぱいの日々。
ヨンフンは天文マニアで、結婚式のことはウンジェに任せきり。
結婚式1か月前、ヨンフンは社長の姪のウギョンと出会います。

ウギョンは最初ヨンフンを礼儀知らずな人だと思いますが、
心の温かさの片鱗に触れ、彼を想い始めていました。
「あした結婚する」と言うヨンフンに、ウギョンは結婚を止めてと頼みます。
そうしたら、山の上にヨンフンの夢である天文台を建ててあげる、と。

結婚式当日、式場でウエディングドレス姿でヨンフンを待つウンジェ。
彼女のもとに来たのはヨンフンではなく、バイク便の運んできた一枚の手紙。
そこには結婚をとりやめよう、というヨンフンのことばが。

どうしていいかわからずに泣きじゃくるウンジェ。
代役カメラマンでその場に来ていたムヨルは、
まるで自分がさらっていくように、ウンジェを結婚式場から連れ出します。

ウンジェはヨンフンの家を訪れ、ウギョンが彼を奪ったと知ります。
惨めで死んでしまいたいーーー いったんはそう思ったウンジェですが、
持ち前の負けん気で、きっと見返してやると誓います。

結婚式が挙げられなかったために恐る恐る職場に復帰したウンジェ。
ところが招待した同僚たちは道に迷って結婚式場に来ることができず、
ウンジェがヨンフンに逃げられたことを知りませんでした。
ウンジェはどうしても、事実を告げることができません。

大家夫婦にも同僚にも、自分が結婚できなかったことを言えないウンジェ。
意を決して彼女は、ムヨルを呼び出して頼みます。
「わたしの夫になってください!」

☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆


つい先だって『ダンサーの純情』でココロ奪われたパクコニョンと、
イボムスに続く若手バイプレーヤーのポンテギュが出てたのは、うれしい誤算。
でもパクコニョンは、オープニングでクレジットを確認できず、
もしかしてかなりの脇役なんじゃないかと不安。。。出続けてくれるでしょうか。

『ジュリエットの男』繋がりか? と書いたけれど、チジニのほかに
ヤンミラ役だったキムソンリョン、ギプン祖父だったシングが出てます。
それから、『ジュリエット〜』でチジニが「ヒョン」と呼んでいた
会社の同僚というか、彼のよき理解者だった人が、ウンジェの上司です。
4人も出てるからびっくりしちゃった。

本家本元のサイトでは確かにウンジェが28歳でムヨルが26歳とあるのだけど、
これはかなり無理がないか??? と思いながら見てます。
しかしチジニは顔が横に広がり始めてるなーーー。
やっぱ『ジュリエットの男』のころの彼がいちばんカッコいいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

SE7EN | パクヨンハ | ライブ | 日本のドラマ | 映画 INDEX | 映画・テレビ | 映画[あ行] | 映画[か行] | 映画[さ行] | 映画[その他] | 映画[た行] | 映画[な行] | 映画[は行] | 映画[ま行] | 映画[や行] | 映画[ら行] | 映画[わ行] | | 石けん生活 | 韓ドラ『12月の熱帯夜』 | 韓ドラ『いつか楽園で!』 | 韓ドラ『ごめん、愛してる』 | 韓ドラ『アイルランド』 | 韓ドラ『ウェディング』 | 韓ドラ『グリーンローズ』 | 韓ドラ『サマービーチ〜海辺へ行こう〜』 | 韓ドラ『ジュリエットの男』 | 韓ドラ『バリでの出来事』 | 韓ドラ『ピアノ』 | 韓ドラ『マイラブ・パッチ』 | 韓ドラ『ラブストーリー・イン・ハーバード』 | 韓ドラ『ローズマリー』 | 韓ドラ『ロー・ファーム』 | 韓ドラ『勝手にしやがれ』 | 韓ドラ『危機の男』 | 韓ドラ『君はどの星から来たの』 | 韓ドラ『太王四神記』 | 韓ドラ『太陽に向かって』 | 韓ドラ『威風堂々な彼女』 | 韓ドラ『復活』 | 韓ドラ『快傑春香』 | 韓ドラ『恋歌』 | 韓ドラ『愛してると云って』 | 韓ドラ『明朗少女成功記』 | 韓ドラ『星を射る』 | 韓ドラ『春のワルツ』 | 韓ドラ『波乱万丈〜Missキムの10億作り〜』 | 韓ドラ『白雪姫』 | 韓ドラ『秘密』 | 韓ドラ『雪だるま』 | 韓ドラ『雪の女王』 | 韓ドラ『雪花』 | 韓ドラ『1%の奇跡』 | 韓国ドラマ | 韓国芸能 | 韓国語のお勉強 | 音樹のモノ申す! | 音樹の雑感